【告知】サウンド研究室のfacebookページを開設しました。(2013/02)

Fender ACP-1(アコギ用後付ピックアップ)その2

2017年01月23日

前回の記事の続きで、
アコースティックギター用の後付ピックアップ
Fender ACP-1のレビューです。

img-170123-01.jpg

今回はサウンドについてです。
サンプルとして、
ストロークとアルペジオの2種を録りました。

接続はピックアップの出力と
オーディオI/Fの間に
BSS(AR116)のDIをかましてます。

オーディオI/Fやミキサー卓の
マイクプリとの相性もあると思いますが、
私の環境ですと、直挿しよりもDIを通した方が
良い結果となりました。

■コードストローク

■アルペジオ


このACP-1は 純粋なマグネティックピックアップなので、
構造上、弦鳴りしか拾いませんので、
サウンドも弦鳴りメインのサウンドです。
ボディヒットも勿論拾いません。

EQを通してみたり等
色々とセッティングを追い込めば
もう少しアコギらしい音に近づけると思いますが、
とりあえず素の音の印象は
エレキギター寄りのサウンドです。

その為、弾き語りでの使用なら
少し物足りない気はしますが、
反面、ハウリングに強いのは間違いないので、
バンド編成の中で使用する時に
音量が上げれるってのが、
これの一番のメリットじゃないかと思います。

メリット/デメリットはあるものの、
これだけ着脱が容易なピックアップって、
今のところあまり見かけないので、
とりあえず何でもいいから
無加工で手軽に取り付けたい方に
オススメといったところでしょうか。

img-170123-02.jpg

ただし、ラッカー塗装のギターは注意。
付けっ放しはシールドのゴムで塗装がやられます。
使い終わったら面倒でも外した方が良いです。
というか、私はやられました。 (´Д`;)


以上、Fender ACP-1のレビューでした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Fender ACP-1 Acoustic Soundhole Pickup
価格:12960円(税込、送料別) (2017/1/17時点)


(※画像は同商品を扱う楽天ショップへのリンクです。)

Fender ACP-1(アコギ用後付ピックアップ)その1

2017年01月17日

随分前に購入してた
アコギ用のピックアップの話しです。

以前から使ってる
YAMAHA FG-150(赤ラベル)を、
ステージで使いたいと思い
一応ヴィンテージギターなので、
これに加工を施すのもいかがなものかと、
無加工で着けれるピックアップを
探して辿り着いたのがこれ。

img170117-1.jpg

Fender ACP-1です。
数年前に発売されてたようですが
最近まで知りませんでした。

売ってるところも非常に少なく、
日本で正式にされてるものなのか、
微妙な感じです。

現状の販売価格が
5,000円前後〜19,000円前後と幅広く、
一体、どれぐらいの価格帯のピックアップなのか
解らないままでしたが、
調べるとSEYMOUR DUNCAN社のSA3HC
見た目から仕様までまったく同じっぽいので、
恐らくDANCANのOEM品。
(※リンク先はDANCAN社公式サイト)

img170117-3.jpg
そのDUNCAN SA3HCの
日本販売価格が17,000円との事。
購入したFende ACP-1は、
並行輸入品でかなり安く買ったのですが、
実はそこそこ、良い価格のピックアップだったようで。

実際、プラグもシッカリとスイッチクラフトが使われてます。


使い方はサウンドホールに挟むだけ。
というより感覚的には
サウンドホール“で”挟むだけ。

img170117-2.jpg

うちのFG-150にはすんなり取り付きましたが、
あまりサウンドホールが小さいギターだと、
ギター本体を破損させる恐れがあるので、
購入時にはサイズは注意してた方が良さそうです。


出音については次回の記事にて。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Fender ACP-1 Acoustic Soundhole Pickup
価格:12960円(税込、送料別) (2017/1/17時点)


(※画像は同商品を扱う楽天ショップへのリンクです。)

アーティストTシャツのデザイン

2016年12月08日

しばらく放置してて申し訳ない。
中々ネタはあっても
仕事も含めバタバタで
更新できずにおります。

で、久々の更新が、宣伝です。(´Д`;)スミマセン

今回は、私の本業であるデザインの話ですが、
音楽に関係するする事なので、
ギターブログであるこちらに投下。

最近、このブログのサイドバーでも紹介してるバンド
THE LOVE(リンク先はwiki)」の、
アーティストTシャツのデザインを
担当させていただきました。

img-161208-02.jpg

彼らは音楽の世界で、
私はデザインの世界で、
お互いプロとして長いことやってますので、
いつか何か一緒にできたらなと思ってところ、
ひとつ夢がかなった気がします。

img-161208-01.jpg

デザインの意匠は、
The LOVEの最新のシングル2枚が、
両方、始まりを意味するタイトルだったので、
グラウンドに引かれた
スタートラインをモチーフに作成。

シンプルな横棒に意匠を込めた、
アーティスティックなデザインです。

ライブ用のグッズなので、
欲しい!っていっても
通販で買えたりするものじゃありませんが、
ライブで買われた方に、
気に入っていただけてたら幸いです。


なんと!買えるみたいです。

http://ameblo.jp/taira-yoshitaka/entry-12226263908.html
(※リンク先は平義隆オフィシャルブログ)


The LOVEの楽曲は歌モノが多ので、
当ブログがギターブログであるが故、
ブログを読んでくださる方には
あまり馴染みがないかもしれませんが、
佳曲揃いのグループなので、
良かったら覚えていただけると嬉しいです。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

はじまりのうた [ THE LOVE ]
価格:1000円(税込、送料無料) (2016/11/27時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゴングは鳴った! [ THE LOVE ]
価格:1000円(税込、送料無料) (2016/11/27時点)


(※写真は楽天ショップへのリンクです)

※記事中の写真は許可を頂いて掲載してます。
※本記事の写真の転載・転用はご遠慮ください。

posted by しま | 雑記

SENNHEISER MX375を購入

2016年03月31日

iPod等モバイル用に使ってたイヤホンが
何処に置いたか解らなくなったので買換え。

今回、初めてSENNHEISERにしました。

img-160331.jpg

MX375です。

ここ数年だと、AKG→SONY→JVCと使ってきて、
AKGのK313が一番気に入ってたので、
ぼちぼちAKGに戻ろうかと思いましたが、
インナーイヤータイプが商品ラインナップから絶滅。
仕方ないのでSENNHEISERに。

(以前、AKG K313をレビューした記事はコチラ。)

若干サイズが国産品より大きいので、
耳の形状次第では長時間着けてると、
痛くなる可能性はありそう。

音の感じは、まだエージング中なので、
なんとも正確なレビューとは言いがたいのですが、
私が最近使ってたものの中では、
AKG K-313に近い印象。

ミドルのパンチがK-313より
若干おとなし目ですが、
艶やかさではMX375が上で上品な音。
それと少し音場が広い感じです。

ロック向けというよりは、
どちらかというと歌モノに
向いてるような気もしますが、
味付けに嫌味な感じもなく気に入りました。(^^)

店頭で買っても3,000円弱で入手でき、
かなりコストパフォーマンスは高いと思います。

もちろん、高い金出せば
もっと良い音は手に入りますが、
普段使いのやつは
無くしたり断線させたりするので、
あまり高価なのは使いたくないなと
個人的に考えてますので。


(※写真は同商品を扱う楽天ショップへのリンクです。)

posted by しま | Comment(0) | TrackBack(0) | iPad/iPhone/iPod

Pitch clipを購入

2016年03月24日

ひとつぐらいクリップチューナーがあると
便利かなと思って楽器店に足を運んだら、
中古ワゴンでPitch clipを発見。

img-160324-01.jpg

ディスプレイにフィルム張りっぱなしで、
使用感などなかったので、
恐らく展示品か何かとは思うのですが、
それにしても安く入手できて良かった。

といっても、新品を買っても
1,000円しないので、
どれだけお得かというと
微妙なところもあったりしますが。

img-160324-02.jpg

発売されてから時間も経ってますし
使われてる方も多いと思うので
アレコレ書く必要もない気もしますが、
不満といえばクリップの力が弱いんで、
若干派手にパフォーマンスとかすると、
飛んでいきそうな不安はあります。

ただまぁ、そんな時は外せば良いので、
特に問題にもならないかなと。

反応については、
実際にペダル型のPitchblack Polyと比較しましたが
速度/精度ともに、ほぼ大差ないです。

この価格でこの性能なら、
間違いない選択のひとつかなと思います。


(※写真は同商品を扱う楽天ショップへのリンクです。)
(※リンク先の商品はブルーです。)

どうやらこのチューナー、
最近はツナ缶風のパッケージに入れて、
チューナー缶として発売中。

どうでも良すぎる・・・(´Д`;)
嫌いじゃないけど。