【告知】サウンド研究室のfacebookページを開設しました。(2013/02)

SENNHEISER MX375を購入

2016年03月31日

iPod等モバイル用に使ってたイヤホンが
何処に置いたか解らなくなったので買換え。

今回、初めてSENNHEISERにしました。

img-160331.jpg

MX375です。

ここ数年だと、AKG→SONY→JVCと使ってきて、
AKGのK313が一番気に入ってたので、
ぼちぼちAKGに戻ろうかと思いましたが、
インナーイヤータイプが商品ラインナップから絶滅。
仕方ないのでSENNHEISERに。

(以前、AKG K313をレビューした記事はコチラ。)

若干サイズが国産品より大きいので、
耳の形状次第では長時間着けてると、
痛くなる可能性はありそう。

音の感じは、まだエージング中なので、
なんとも正確なレビューとは言いがたいのですが、
私が最近使ってたものの中では、
AKG K-313に近い印象。

ミドルのパンチがK-313より
若干おとなし目ですが、
艶やかさではMX375が上で上品な音。
それと少し音場が広い感じです。

ロック向けというよりは、
どちらかというと歌モノに
向いてるような気もしますが、
味付けに嫌味な感じもなく気に入りました。(^^)

店頭で買っても3,000円弱で入手でき、
かなりコストパフォーマンスは高いと思います。

もちろん、高い金出せば
もっと良い音は手に入りますが、
普段使いのやつは
無くしたり断線させたりするので、
あまり高価なのは使いたくないなと
個人的に考えてますので。


(※写真は同商品を扱う楽天ショップへのリンクです。)

posted by しま | Comment(0) | TrackBack(0) | iPad/iPhone/iPod

Pitch clipを購入

2016年03月24日

ひとつぐらいクリップチューナーがあると
便利かなと思って楽器店に足を運んだら、
中古ワゴンでPitch clipを発見。

img-160324-01.jpg

ディスプレイにフィルム張りっぱなしで、
使用感などなかったので、
恐らく展示品か何かとは思うのですが、
それにしても安く入手できて良かった。

といっても、新品を買っても
1,000円しないので、
どれだけお得かというと
微妙なところもあったりしますが。

img-160324-02.jpg

発売されてから時間も経ってますし
使われてる方も多いと思うので
アレコレ書く必要もない気もしますが、
不満といえばクリップの力が弱いんで、
若干派手にパフォーマンスとかすると、
飛んでいきそうな不安はあります。

ただまぁ、そんな時は外せば良いので、
特に問題にもならないかなと。

反応については、
実際にペダル型のPitchblack Polyと比較しましたが
速度/精度ともに、ほぼ大差ないです。

この価格でこの性能なら、
間違いない選択のひとつかなと思います。


(※写真は同商品を扱う楽天ショップへのリンクです。)
(※リンク先の商品はブルーです。)

どうやらこのチューナー、
最近はツナ缶風のパッケージに入れて、
チューナー缶として発売中。

どうでも良すぎる・・・(´Д`;)
嫌いじゃないけど。

BOSS MT-2(METAL ZONE)を入手

2015年05月08日

中古ショップで発見したので、
BOSS MT-2(METAL ZONE)を入手しました。

img 150507

昔から出回ってる機種ですし、
今更感アリアリで、
レビューも必要ないと思いましたが、
テストがてら音源を作りましたので、
せっかくなのでアップします。

先ずはセッティングです。
アンプはGuitar RIG4の
JC-120を使用しました。

img 150507(アンプセッティング)
(※クリックで拡大)

アンプのセッティングは全て同じで、
EQは全てフルテン。
音源によっては、
マイキングのAIR/DRYを少し調整してます。

ギターはいつものHEARTFIELD TALONを使用。
接続はギター→MT-2→PCです。
他は編集時に軽くリバーブをかけてますが、
後は一切手を加えてません。


■ソロ
img 150507


ローミッドを強調して、
少し太い感じにセッティングしました。
ミッドブーストされたような印象の音になります。


■バッキング
img 150507


原曲のイメージに合わせて、
ハイミッドを強調。
オケは拾い物です。
良い具合にローカットされて、
何も編集しなくても
オケに馴染んでくれます。


セッティング次第では、
中域に良く言われてる
コワっとしたニュアンスの癖がでます。

好き/嫌いあると思いますが、
個人的にこの癖は、
ランディ・ローズのそれに
似てる気がしてちょっと楽しい。
なので最後にランディのリフ。

img 150507


ちょっと撮影の角度が悪くて、
ミッド FREQが写ってませんが、
12時のセッティングで軽くブーストしてます。

実際に比較すると似てないんでしょうが、
単体で聞く分には良い感じです。


MID EQが美味しいところに利くので、
音作りの幅も中々広く、
便利なペダルだなと感じました。
非常に使いやすいです。

4PのHM/HRバンドなら、
JCとこれで十分戦えそう。

(※写真は同商品を扱う楽天ショップへのリンクです。)


IK Multimedia iRig Blueboard レビュー

2015年04月29日

随分遅くなってしまいましたが、
昨年末に購入しました、
IK Multimediaの『iRig Blueboard』のレビューです。

img 150429

導入については、
さほど難しいという事はないです。
iTunesにiRig Blueboard(FREE)というアプリがあるので、
まずはそれをダウンロードして、
iOS端末のBluetoothを設定でONにした状態で、
iRig Blueboardの本体の電源を入れ
アプリを立ち上げたらペダルの設定が出来ます。

img 150429

あとはこの状態で、
コントロールしたいギターアンプシミュを
起動すれば使えます。

アンプシミュ毎の設定はシミュの設定画面から。
Amplitube iOSについては、
さほど難しくもなくマニュアルレスでいけました。

img 150429

以前はiRig Blueboardのアプリが有料だったのと、
アプリ名もわかりにくいアプリ名だったので、
戸惑った方も多かったのか、
他のレビューサイトに色々と書かれてますが、
現在は非常にわかりやすくなってます。

実際に使ってみてどうだという話ですが、
Bluetooth接続だからなのか、
ペダルを踏んでから切り替えまでに、
多少のタイムラグはあります。

私は80年代後半〜90年代前半の、
デジタルマルチを使ってた手前、
それに比べたらタイムラグは少ないので
許容範囲ですが、
コンパクトペダルや
近年のマルチの感覚で切り替えると、
『ん?』ってなりますので、
ここが許せるかどうかで評価は変りそう。

Amplitube以外のアプリだと、
このタイムラグが大きくなるという話を聞いてましたが、
Jam Upで使ってみても大差は無いように感じました。

良し悪しというよりは、
現状ではiOS用のフットペダルの選択肢が
これしかない以上(2015/04現在)、
使いたいなら慣れるしかないように思います。

足元でプログラムを切りかえれるのは、
やはり便利です。




(※写真は同商品を扱う楽天ショップへのリンクです。)
posted by しま | Comment(0) | TrackBack(0) | iPad/iPhone/iPod

エフェクトループミキサー/スイッチャー

2015年01月24日

img 150124

意外と選択肢がない
ミキサータイプのループスイッチャー。

写真はDecibel Elevenという海外メーカーから、
1〜2年前に発表されたもの。

昔、これのラック版が欲しかったのですが、
探してもボブ・ブラッドショウのしか見つけきれず、
こんな高価なもの買えるかよ!って諦めました。

普通のスイッチャーと何が違うかというと、
通常はエフェクトループのON/OFFですが、
ミキサータイプの場合は、
エフェクターをパラレル(並列)で繋げますので、
エフェクターを通らない音と
エフェクト音のバランスが設定できます。
即ち、劣化してない原音を残せます。

近年のエフェクターは、
音痩せやノイズも昔とは随分ちがうので、
そこまでしなくて良い気もしますが、
音に神経質になればなるほど、
こういうのって欲しくなる気がします。

ただ、各メーカーが
同種の商品を出さない所をみると
需要は少なそうです。

エフェクトループ1chの単体ペダルなどは、
ぼちぼち見かけますが、
冒頭の写真のペダルタイプのやつと
ブラッドショウのシステム以外に、
この手の商品は記憶にないです。

特別購入しようと思ったわけでもないので、
ざっくりとしか調べておらず、
私が知らないだけかもしれませんが。

正直、私も欲しかったというだけで、
今はそこまで欲する事はないですが、
昔欲しかったけど売ってなかったものが、
こうやってメーカーから発売されると、
ちょっとワクワクします。

買いませんけどね。(^^;)