【告知】サウンド研究室のfacebookページを開設しました。(2013/02)

VISTAで宅録、トラブル再び!!

2007年07月31日

どうもまた、PCの・・・というより、
レコーディングソフトの調子がおかしいく、
ドロップアウトが頻発してます。(^^;

なんだか、もう良くわかりません。
安定したと思えば、同じ設定のままおかしくなったり、
以前おかしかった設定に戻したら、
今度は安定したりと、なにかと不安定です。

それで、今回のトラブルの原因として考えていることですが、
メモリ不足じゃないかと睨んでいます。

というのも、今は夏ですし、最近猛暑が続いてますから、
ウチはクーラーを点けても、室温が30℃から下がりません。(T T)
その辺から察するに、ハードディスクが熱を持って、
録音データの書き込み時のエラーが増えて遅延書き込みとなり、
メモリ側に負担をかけてる可能性もあるかなと・・・・。

で、今私のPCに乗せてるメモリの量は2G。
正直、これだけ載せてたら大丈夫だろうと思ってましたが、
VISTAに付属しているリソースメーターを見ると、
メモリ残量36・・・・

えええっ!!


(※クリックで拡大)

使用済みのメモリが約1Gで、キャッシュで使ってるのが1Gって、
もう全然残ってないじゃないですかっ!!(T T)
VISTAのメモリの使い方ってどうなってるんでしょうか・・・・


まぁ、考えてみたら、
フリーソフトでそんなに機能があるわけでもない
AudacityでさえVISTA環境(Home Basicは除く)での
推奨メモリは4Gになってますから

市販のDAWソフトをメモリ2Gで動かそうってのに、
問題があるのかもしれません。(^^;



っていうか、ウチのPC、最大に載せても4Gなんですが・・・(^^;
金かかるなぁ、VISTA。(T T)

ってなわけで、お盆休み辺りに時間を取って、
PCのメンテナンスをしてしまおうかと思っておりますので、
そのときにメモリーを増強してみます。

で狙ってるメモリはこれ。


Team Xtreem Dark Series PC2 6400 DDR2 800MHz 1GB×2 リテールパッケージ

(※写真は楽天ショップへのリンクです。)
私も、楽天で一番安かった上記リンク先ショップで買いましたが、
この店、レスポンスがめちゃ遅く、対応もあまりよろしくないです。
急がれる方は、ご注意を。(^^;


1G辺り一万円前後と、そんなに高くないですし、
何かと評判がいいみたいでして。(^^)
(※メモリを買われるときは、お使いのPCに合った規格を買うよう注意してください。)


また、メモリ増設後にでも、状況を報告できればと思います。
『VISTAで宅録全然大丈夫です!!』なんて良い報告が出来ればいいなぁ・・・・(希望)

さて今回の音源ですが、記事とは全然関係ないです。(爆)
コチラのサイトで、懐かしい曲のオケがあったんで、ギターを入れてみました。
(リンク先のサイトですが、アドウェア注意です。)
音源のギターの音はBOSSのSD-1を使って80年代風の音を作ってみましたが、
なかなか、曲の雰囲気に合った感じになったんじゃないかと思います。(^^)
(この曲するなら、ランナウェイでも良かったかなぁ・・・・)


BOSS【ボス】エフェクターSD-1【スーパー・オーバードライブ】
(※写真は同商品を扱う楽天ショップへのリンクです。)

【関連記事(というより、VISTAとの格闘記ですが。)】
プラグインのリバーブを模索中
ドロップアウトが頻発・・・。
VISTAとMIDIデバイス

タグ:Vista メモリ

ストラトに付けた変なスイッチ

2007年07月28日

今回の記事は、
私のストラトに付いた変なスイッチのお話です。

img 070728-01 スイッチ
(↑変なスイッチです。)

90年代初頭頃のジェフ・ベック大先生のストラトにも、
同じところに、同じスイッチがついておりまして、
それは、リアのピックアップをシングル×2(ハム仕様)と、
シングル×1を切り替えるものでした。

でもって、このスイッチもそのスイッチと似たようなものでして、
フロントとリアのハーフトーンスイッチなんです。

セレクターがフロント又はリアの位置では、
フロント/リアのハーフトーンになります。
また、それ以外の位置では、
3つ全てのピックアップから音が出ます。

といったところで、音作りの幅が格段に増えました。

ちなみに配線ですが・・・・・良くわかりません。(^^;
既に私の理解の許容を超えてます。(爆)
あんまり電気系、得意じゃないんですよね。
(今回は、ショップで設計してもらいました。)

なので、気になる方は、写真見て判断してください。(T T)




(※クリックで拡大)

で、本当ならばフロントトーンのポットをマスタートーンにし、
センタートーンのポットをバランサーポットに変更して、
フロント/リアのボリュームの比率を、
変えれるようにするつもりでしたが、

残念ながら、今回付けたスイッチにより、
標準サイズのバランサーポットが入るスペースが無くなった為、
断念しております。(現在のトーンポットはミニポットです。)


本当は、このシステムを越えるつもりで、
考えてたんですけどね。


ストラトにパワーを与えるマストアイテムSONIC TURBO BLENDER TB-102(mm)

(※写真は楽天ショップへのリンクです。)

サイズが色々あるようですので、
ターボブレンダーのシステムの導入を考えてる方は、
気をつけてください。

それで、ターボブレンダーのシステムだと、
即座にフロントをキャンセルできないのが私は不満でして、
オリジナルのシステムを付けようと試みたわけですが、
今のところ、手間がかかってる割には、
私のシステムより、ターボブレンダーのほうが、
音作りの幅は広いです。

・・・・・無念。(T T)

今回の音源ですが、この新兵器(変なスイッチ)で、
フロント/リアのハーフトーンにして録音してますが、
あんまり聞きなれない新鮮な音です。(^^)
(各音源とも、前半がリア、後半がフロント+リアです。)

≪サンプルサウンド≫
・単音



・リフ


それと、本命のオケ入りの音源の方ですが、
設定は、上記音源と同じです。
今回はマーシャルをクリーンで設定して、
ブースターにBOSSのSD-1を使ってます。
あと、録音後にコンプレッサーと、
アナログミキサーシミュレータをかまして少し古めの音を演出してみました。
原曲はレイヴォーンの曲で、
もちろん本家には音もプレイも遠く及ばずです。(T T)



でもまぁ、それなりに良い音にはなったんじゃないでしょうかす。(^^)

スペシャルセッション参加募集中!!

2007年07月24日

先日の記事で書いておりました、
トロイカのロックアレンジをみんなで弾いちゃえといった企画ですが、
とっても嬉しい事に皆さん、前向きに考えていただきまして、
進める方向性でいこうかと思いまして、あわてて企画の方を煮詰めました。(^^)
(ありがとうございます。)

それで、まずは企画タイトルなんですが、

名づけて、

暑い夏もロシア民謡で冬気分!!
夏の特別企画『ロックなトロイカスペシャルセッション』

・・・・すいません、よくわからんタイトルです。(^^;

といったところで、
ココからは企画詳細です。


img 070724

【参加方法】

本記事の最下部にあるオケをダウンロードして、
ギターソロのパートを録音し、私“しま”までお送りください。

ファイルフォーマット:mp3又はwav
●送信先:shima_zi#ybb.ne.jp

※迷惑メール対策の為、アドレスの@を#にしております。
ファイルの送信の際は#を@に書き換えて送信してください。

●送信方法:ファイル転送サービスをご利用ください。

http://www.datadeliver.net/

※先日紹介しておりましたファイル転送サービスは、
コメントの記入欄がないので、こちらにさせていただきました。


ファイル転送を送信する際、
転送サービスのコメント記入欄に、
使用機材(ギター/アンプ/エフェクター)や、
HPやブログを持たれてる方は、
アドレスを書いていただけると幸いです。(^^)
強制じゃありませんから、リンク貼られちゃ困る方や、
機材は秘密って方は書かれなくてかまいません。

ファイル送信後は、2〜3日中に、
『受け取りました的』な簡素な内容のテンプレの
確認のメールの方を送信します。(返信不要)
もし、ファイル送信後に何日待っても確認メールが来なければ、
ファイルが届いていない可能性がありますので、
その場合はご一報いただければと思います。


【オケのダウンロード】
プレイヤーの右側に、ダウンロードアイコンがあります。

オケはMP3フォーマットで、Rチャンネルのみに入っています。
(片方のスピーカーからしか聞こえなくても壊れてるわけじゃないです。)



【録音について】
オケがRチャンネルのみのまま録音してください。
ギターソロパートはそのままステレオで録音して構いませんが、
編集時にLチャンネルのみ抜き出しますので、
ステレオ系のエフェクターは、あまり効果が出ないと思います。

ただ、どうもモノラルのオケだと気分的に乗らない方や、
モノラルのオケだと、音が分離してなくてよく分からないという方
には、
コチラにステレオ版のオケを準備しております。
ステレオ版のオケを使用する場合は、
録音後、ギターを左チャンネル、オケを右チャンネルに設定して、
送信用のwav/mp3ファイルを書き出してください。

keyはAm/Cです。


送っていただいたギターの音は、
基本的にいじらずにミックスダウンを行うつもりですが、
オケと馴染ませる為に他のパートと同じ設定のリバーブを、
センドエフェクトで軽くかけますので、
空間系のエフェクトを使用される際は、
少し控えめぐらいで使用されるぐらいが良いと思います。

また、ギターの音の定位を設定する際に、
『L:原音 R:遅延音(10m/s)』のように、
軽く位相をずらす場合もあると思います。
これにより、少し音質の変化がありますのでご了承ください。
(音が太くなって、ハイがほんの少し際立つ感じです。)

逆に、ドライ音のみの男気使用で録音して、
『空間系は任せたッ!!』ってのもアリです。(笑)
(っていっても、軽くリバーブしか掛けないんですが・・・・)

また、録音方法についてはPCでもMTRでも構いません。
最終的に送る際、mp3又はwevフォーマットになっていればOKです。

もし、『録音環境がなけどやってみたい!!』という方は、
この辺のフリーソフトをご利用ください。

http://audacity.sourceforge.net/?lang=ja

あと、『ソフト以前にオーディオインターフェイスがないぞ!!』という方は、
ミキサーやMTRを通してラインレベルまで出力を落とし、
PCのLINE IN端子を使用するか、
この手のもので録音すると良いとおもいます。


【ギター練習用オーディオインターフェイス ◆ 税込・送料無料 ◆】BEHRINGER UCG102

(※写真は楽天ショップへのリンクです。)

ちなみに上記のリンクを貼った商品ですが、
楽天ショップ内で一番安いヤツを張ってますので、
音質の方はあまり期待できないかも。(^^;
(練習用って書いてますし・・・・・。)

【ソロパートの内容について】
前半(16小節が)フリーアドリブパートで、
後半はトロイカの原曲のメロディーが1コーラスとなってます。
ですが、後半部分もオブリガートを加えたりして、いじっちゃって構いません。(^ ^)
よく解らない場合は、コチラを参考にしてもらえればと思います。


(以前、私が録ったヤツです。)

トロイカの原曲がわからない方は、
googleで“toroika midi”で検索すると、
変な日本語の歌詞とかと共に、聞けるサイトがいっぱい出てきますので、
そちらを参考にしていただければと思います。。

Google 検索結果


【音源募集期間】
2007年7月24日(火)〜8月15日(水)


後の編集などがありますので、一応期間を授けさせてもらってます。
ちょっと長めではありますが、お仕事の都合などもある方もおられるでしょうし、
とりあえず盆休みの最後までレコーディング期間とさせていただいてます。

それでも間に合わねぇよ!!』という方は、
個人的使用であれば許諾無しで使われて構いませんし、
このオケを使った音源をネット上で公開されても構いません。
よろしかったら、使用の際に本ブログにリンクしていただけると嬉しいです。
(強制じゃないです。)


【編集後の音源公開】
本ブログにて、8月22日(水)あたりを予定しています。
(ミックスダウンのクオリティは、普段公開してる音源程度です。ご了承ください。)

ただ、現状で把握している参加人数だと問題ないのですが、
予想を上回って参加者が増えた場合等で、
ミックスの作業が間に合わない可能性もありますので、
もし、公開が遅れそうな場合は、
改めてこのブログ上で連絡させて頂きます。

また、公開後の音源は個人利用に限り、
フリーの音源とさせていただこうかと思っています。


以前も書いておりましたが、
優越を競うものではありませんので、
下手だとか上手いとかはあまり気になさらずに、
夏のギター祭りといったところで皆さん楽しみましょう。(^^)

皆さんの参加、お待ちしております。

私も、突っ込んだり、もたったりして、
あんまり上手じゃないですから・・・。(爆)

タグ:セッション

参加企画を考えてますが・・・・

2007年07月22日

このブログにも、色んな方が来てくれるようになって、
沢山のご意見を頂いて、
いつも色々と勉強になるなぁと思いつつ、
コメントの方を読ませて頂いたりしてる訳ですが、

せっかくこれだけの方が集まってくださってるんで、

何かしたい!!

なんて事を思っております。(^^)

というわけで夏休み特別企画なんてのを、
できればやりたいなんて考えてます。
(といっても、サラリーマンには盆休みしかないわけですが・・・・)

で、本日、会社の方が休みだったんで、
ちょっとお遊びで、ロシア民謡の『トロイカ』を、
ロックアレンジしたのを作ってたんですが、
そのバッキングトラックを使って、
いろんな方が弾いたリードを乗せて並べたら、
楽しいかなぁ・・・・と思ったり。

世間にはこんな便利なものもありますし、

http://www.fileocool.com/

別に宅録をされてない方も、
MP3が書き出せるMTRがあれば参加できますし、
録音環境がない方にはフリーのソフトでこんなものもあります。

http://audacity.sourceforge.net/?lang=ja


ギターバトル企画をりたいなと思うんですが、
いかがなもんでしょうか?


もちろん優越を競うんじゃなくって、
目的はギター交流です。(笑)

だから、優勝とかそんなのはないんですけどね。(^^;

もし、3〜4人以上参加できる方がおられましたら、
きちんと企画を固めていこうかと思います。
なのでやりたい!!って方は、
コメント欄のほうにその旨を書いていただければ幸いです。

シールドテスト(BELDEN #9778)

2007年07月21日


以前、パッチケーブルを
GEORGE L'Sのシールドに変えたという記事の方を書きましたが、
その後もギターからアンプまでは、安物のシールド(カナレ)を使っておりまして、
ずっと変えたいとは思ってたものの、なかなか腰が動かず、
一月ほど前に、ようやくマイケル・ランドーが使っているシールドと同じ、
BELDEN #9778を購入しましたので、
今回の記事は、そのシールドの検証です。


BELDEN #9778 7m SS

(※写真は同商品を扱う楽天ショップへのリンクです。)

さて、このケーブルですが、
メーカーの宣伝文句によると、こういうケーブルだそうです。

>マイケル・ランドーのお墨付きBELDEN #9778。
>音の抜け・太さ・艶という、要素を得られる、
>BELDEN #9778とswitchcreftプラグのベストな組み合わせ。
>出音のバランスはもちろん、
>ハイの部分がより音楽的にマイルドに出音します。
>リーズナブルな値段と、ゴムの皮膜による抜群の
>耐久性を兼ね備えるBELDENケーブルは、
>長年に渡って世界中のミュージシャンに選ばれてきたケーブルです。
>リーズナブルな価格で抜群の信頼性を得る
>BELDEN #9778 & switchcreftのケーブルです。

確かに、一級品のシールドとしては格安の値段ですし、
作りの方もかなりしっかりしていています。(^^)

その差は分解してみれば一目瞭然。
これは確かに壊れにくそうです。


(上:カナレケーブル/下:BELDEN #9778)
※クリックで拡大

で、一番重要な問題は音ですよね。
というわけで、いつものようにテスト音源を作ってみましたが、


・・・・・・・・・違いが全然わからん。(T T)


気持ち、音抜けが良くなったような気もしないでもないですが、
いやぁ〜、GEORGE L'Sのシールドをテストしたときと違って、
明らかな違いは全然ないですねぇ。(^^;

とはいっても、カナレのシールドも『作り』意外は
大して不満もありませんでしたから、
決して音が悪いわけじゃないんですけどね。
(逆を言うと、カナレのシールドの
コストパフォーマンスがすばらしいということなんですが。)

音源前半部分が、BELDENシールドで、後半がカナレのシールドです。




【追記】

ノイズテストの音源を追加しました。
こちらも前半がBELDENシールドで、後半がカナレのシールドです。



ノイズの方はBELDENの方がかなり少ないです。
あと、リフの方の音源も、
シンプルな方が顕著に音の違いがでるのではないかと、
ブースターを外して再録してみました。

結果、広告文にあるような、
ハイ域のマイルドさが若干わかる感じになりました。(^^)
あと、中域が抜けも良く上品です。

まぁ、音量を上げてやっとわかる程度の
微妙な違いであることにはかわりませんが・・・(^^;

どうでも良いんですが、今回の音源のリフですが、
かなり酷い演奏ですね・・・・すいません。(^^;

ピックアップの検証≪Fender Hotnoiseless≫

2007年07月16日

メンテナンスに出しておりました、
ストラト(ST80-SPL)がやっと帰ってきました。



ちなみに、今回のメンテナンスでは、
フロント/リアのミックススイッチも付けました。


(クリックで拡大)

そのミックススイッチについては、
また別の機会に記事にするとして、
今回、ピックアップをテキサススペシャルから、
Hotnoiseless変えましたので、
Fender Hotnoiselessのレビューをいたします。

以前、ジェフ・ベックモデルを試奏したときに、
少し感想を書いてましたが、
自宅に持ち帰ってじっくり向かい合うとやはり良い。
このピックアップですが、本当に良くできてます。

※フェンダー ジェフ・ベックモデルのピックアップは、
Ceramic Noiselessと表記されてますが、
中身は同じもののようです。
実際弾いた印象も変わりません。

さて、そのHotnoiselessの音ですが、
ハイゲインでパンチが効いており、
基本特性はテキスペに似てるというのが私の感想。
音の太さは、若干テキスペの方に多少軍配が上がります。

問題のノイズについては、
下手すると一般的なハムバッカーより、
少ないんじゃないかというぐらいノイズが少なく、
深く歪ませても、全然問題ありません。

ヘビメタからブルースまで、何でも来いというポテンシャル。

宅録でシングルコイルを使ってると、
モニターやPCはら発生するノイズとの格闘になるんで、
宅録をされてるギターリストには、
間違えなくお勧めのピックアップだと思います。

ネット上の掲示板などの情報では、
ピーキーで音が暴れるなどと書かれていたりもしますが、
これは弾き手の問題ではないかと個人的に。

私が今までがもっと暴れ馬なテキスペを使用して事もあり、
気にならないだけかもしれませんので、
その辺は、実際に使ってみてから判断した方が良いと思います。


【JB御用達 ◆ 税込・送料無料 ◆】FENDER HOT NOISELESS STRAT PU

(※写真は、同商品を扱う楽天ショップへのリンクです。)


サンプル音源については、
今回はクリーン系と歪み系の2種類の音源を準備しました。

クリーンの方は以前も使用しました、
SRVのオケにアドリブで乗せてますが、
ギター側のセッティングは、フロントとセンターのハーフトーンです。
フロント側のトーンを少し絞ってます。

歪ずませてる方は深紫のオケを使用。
前半がリア、後半をフロントで弾いてます。

その他の機材はいつもどおりです。
アンプはマーシャル JMP-1で、
Palmerのスピーカーシミュレータを使ってます。





【※2007/08/03追加記事】
Fender Hotnoiselessのその後の感想

フリーのプラグインリバーブの検証

2007年07月13日

少し前に、レコーディングソフトにバンドルされてる、
リバーブプラグインが気に食わないなんて、
を記事にしていたんですが、

随分、先延ばしになっちゃいましたが、
色々と考えておりました。

それで、こんなのも気になってたりするんですが、


●t.c.electronic PowerCore Express
(写真は楽天ショップへのリンクです。)

≪メーカーサイト≫
http://www.tcelectronic.co.jp/PowerCore_Included_PlugIns.asp

まぁ、天下のT.C.ですから・・・お値段はそれなりに高いです。(^^;
(複数プラグインが入ってるので、考え方次第では安いかも?)
ただ、それ以前の問題として、私の使ってるDAWソフトは、
対応ホストアプリケーションから外れてます。(T T)
(etcの中に入ってるのかな・・・・)

そんなわけで、
当面はフリーのリバーブプラグインで良いかなということで、
いくつか検証してみて、気に入ったのを紹介します。


≪DX Reverb Lite≫for windows/mac


ダウンロードサイト
ちょっと、ダウンロードの場所がわかりにくいかもしれません。
リンク先ページからダウンロードページに飛んで、
そこの、“plug-ins”の一番下にあります。
フリー版以外のもありますので、
間違うとシェア版のDEMOがダウンロードされますのでご注意を。

・・・・このコントロール系、超シンプルです。(^^)

なんも考えなくって良いんで、
面倒なのが苦手な私にとっては、
それだけでも、かなりポイント高いです。

で、音質の方ですが、
原音の邪魔をしないクリアな感じでかなり良いです。
とてもフリーとは思えません。
リバーブの掛かり具合は割と浅めな感じです。


≪Classic Reverb≫for windows


ダウンロードサイト

名前のまんまですね・・・・。

音は結構、『ふくよか』な感じなんですが、
この辺がアナログのリバーブを意識してる部分かなと。

では、アナログのリバーブの音がするかというと、
流石にシミュレートですから、どこかデジタルではありますが、
悪い音どころか、個人的には好みです。

とは言っても、私自身、
アンプ内臓のアナログリバーブ以外は、
アナログリバーブを知りません。(T T)
なので、私の印象は正確性に欠けると思います。(^^;

ちょっと、古い音を意識する時なんかには、
良い感じかなと思います。


≪FreeVerbToo≫for windows


ダウンロードサイト
コレで、フリーってのがムフフな感じ。(笑)

結構、設定次第で色んな音が出せそうな感じです。
深めに掛けると音が濁るなんていわれてますが、
私の場合は、その濁りも悪くなければOKな人なんで、
あんまり気にはなってないです。
(っていうか、そんなに深く掛けませんし・・・)

今回、紹介したリバーブでは、
透明度ではDX Reverb LiteとClassic Reverbの
中間ぐらいじゃないかと思いますが、
この辺も、主観的ではありますから、
音源を聞いて判断してください。(^^;

ちょっとわざとらしい感じの
残響音が『いかにも』って感じがするんで、
今後、80年代系の音を作る時は、
これで作ろうかと思います。



といったところで、今回の音源ですが、
≪今まで使ってたの≫→≪DX Reverb Lite≫
   →≪Classic Reverb≫→≪FreeVerbToo≫

といった順番で1フレーズ毎に録音してます。
(今回、設定ミスでプチノイズが結構多いです・・・)

曲は某バンド“夜を彷徨う人”の『さよなら』です。(笑)
(やっぱ、アルペジオ嫌い・・・・ガタガタです。)



音源の最初のレコーディングソフトバンドルされてた
今まで使ってたリバーブの音ですが、
音質的に硬すぎるし、濁ってるし、下品あだしで、
残響の感覚は不自然だしで、フリーのリバーブより最悪です。(^^;
(硬い音の濁りは、不要なノイズでしかないですし・・・)
こうして比べると、余計に酷さが際立ちますね。

使い方が悪いのかなぁ・・・・。


ちなみに、VSTなどのプラグインエフェクトに対応する、
ホストアプリケーションをお持ちでない場合は、
こういったフリーのレコーディングソフトでも使えます。(^^)

http://audacity.sourceforge.net/?lang=ja

レコーディングソフトもフリー、
エフェクトもフリーって・・・良い時代です。

フェンダーのモデリングギターについての私的見解 (2)

2007年07月08日

前記事で、フェンダーのモデリングギターについて、
色々と個人的な意見を書かせてもらいましたが、
このモデリングギター、ちょっと開発コンセプトを変えれば、
素敵な商品に早変わりするんじゃないかと・・・・・。


Fender USA VG Stratocaster

(※写真は楽天ショップへのリンクです。)

というのも、例えば、
メイプルネック・ローズウッド指板とか、
ピックアップはフロントをPAFでリアをJBとか、
ブリッジはフロイドローズで、ボディ材はアッシュとか、
さらにマニアックに。ポッドはCTSだとか、
線材はベルデンでといったような感じで、
パーツごとにエミュレーションしてくれて、
最終的に組み合わせた音をデジタルでモデリングして出力できれば、
オリジナルのギターを作るときや、
ギターをメンテする際の目安になると思うわけです。


そうなると、もうひとつ疑問が出てくると思います。

モデリングで音でてるのにアナログが良いって、
わざわざピックアップを買ってきたりするのか?ってところですが、
多分、私なら買います。(爆)
(案外、ギターリストってそういう人が多いのではと思うのですが)

で、廉価版としてギター型コントローラが付いていない、
PCソフトをだして、そっちの方にはアンプモデリングが付いてたりして、
アンプとギターの組み合わせで音のチェックができたり・・・。

要するに、物理モデリングギターシンセの、
ギターリスト向け超マニアックバージョンって事ですね。
ローランドさん、やるならとことんやってくれると嬉しいです!!
(もう開発してるような気もしないでもないですが・・・)


今のところ、物理モデリングギターといえば、
こんなソフト音源も出てはいますが、
実際にあるメーカーパーツを
選んでモデリングというところまでは至ってません。

http://www.refx.net/?page=Slayer2

リンク先の右側でdemoのサウンドが聴けますが、
私の感想は、ちょうど『デジタルのアンプシミュレータを通したギターの音?』
といった感じで結構リアルにギターの音を再現してますし、
ソフトウェアエミュレート音源で、
これだけ出せれば、立派なもんだと思います。

といったところで、今回はデジタル/アナログな話ですから、
久々に、POD2.0でレコーディングしてみました。
なにかとデジタル臭さが気になるPODですが、
使い方次第では、それなりの音が出るんです。(^^)


LINE6 ライン6 ギターアンプシュミレーター POD 2.0
(※写真は同商品を扱う楽天ショップへのリンクです。)

今回はアナログ感を出すために、
PODの手前にBOSSの“SD-1”を繋ぎましたので、
少しは、アナログ感が出たんじゃないでしょうか。


BOSS【ボス】エフェクターSD-1【スーパー・オーバードライブ】

(※写真は同商品を扱う楽天ショップへのリンクです。)

ちみに、曲の元ネタは、モダンストラト派の、
リッチー・ブラックサンボラです。(笑)
曲もそうですが、SD-1入ってますから、
もろに80年代の音になってます・・・。(笑)



【関連記事】
フェンダーのモデリングギターについての私的見解 (1)

フェンダーのモデリングギターについての私的見解(1)

2007年07月06日

ストラトキャスターと言えば、
色んなギターリストが使っている名機ですが、
特に私が影響を受けたのは、
リッチー(ブラックモア)師匠と、ジェフ(ベック)大先生でしょうか。

リッチーに関しては、中学生の頃からの憧れで、
一時期は、寝ても冷めてもリッチーでしたが、
なにせ私のギターリスト熱は浮気性。(笑)
一年おきぐらいで、心の中のナンバー1ギターリストは、
変化してます。(苦笑)

ジェフに関しては、
その良さが理解できたのって二十代も中ごろぐらいからでしたが、
その良さがわかってからは、 一時期、寝ても冷めてもジェフでした。

でも、やっぱり浮気してしまうわけですが・・・・・

とは言ったものの、この二人へのハマり方は、
他のギターリストとは別格な感じがありまして、
一度冷めても、定期的に波がやってきております。(笑)

しかし、そんな憧れの二人が使っていたストラトキャスターは、
20年近く欲しいと思いながらも何故か手にする事がなく、
以前も記事にしましたが実際に手入れたのは去年の事です。
(おかげで、色々と苦労しましたが・・・)

リッチー、ジェフ、レイヴォーン、
ブラッド・ギルズ(←おいッ)、

私は、どうもストラトマスターに惹かれる傾向にあるようでして、
そんなSUPER達と同じギターを持つことを、
どこか遠慮してたのかもしれません。

実は、ココまでは長い前置きなんです。(^^;

問題はコレ。


Fender USA VG Stratocaster

(※写真は楽天ショップへのリンクです。)

≪オフィシャルサイト商品ページ≫
http://www.fender.jp/vgstrat/


うわぁ〜、これがあったら、
一本で色んな音が出せるんで、
ライブのときにギター持ち替えなくていいし、
エレキの感覚で、アコースティックギターの音が出せる!!
なんて便利で素敵なギターなんだ!!

なんてことは口が裂けても言いません。(爆)

ま、あくまでも私の主観なんですが、
前置きで書いたような想いをストラトには抱いちゃってる為、
フェンダーにコレ(モデリングギター)は
やってほしくなかったです。(^^;
雑誌の評価によると、音もかなり良いらしく、
確かに悪いものじゃないんでしょうけど、
試す気になれないんですよね・・・。
(フェンジャパなら、まだ良かったかも。)

ストラトって、不器用であってほしいんです。

きっと、ギブソンファンの方は、
以前ギブソンがデジタルギターを出した時に、
同じ想いをしたんじゃないかと思います。

フェンダーも、ギブソンも、
最近、ネット上でも、あんまり良い評判を聞きませんし、
こんな事をする前に、もっとしなきゃいけない事が、
あるんじゃないかなぁ・・・・なんて思ったりもします。(^^;
私が、時代に着いていけてないだけなんでしょうか。(T T)

私、基本的には、あんまり保守派じゃないもんですから、
ウィルキンソンも大歓迎ですしローラーナットもロックナットも、
フロイドローズやMIDブースター等、
ギターの可能性を広げるものは大好きなんで、
邪道なんて言いながら自分で使ってたりするんです。(笑)

でもモデリングギターは、
それ以前に、ギターじゃないと思っちゃうんですよね。

ギター型コントローラーがついた、シンセサイザー・・・・・


でもって、一度弾いて良かったりすると、
180度考えが変わったりするのが怖いんで、
これについては、試すのも避けておこうかと思ったりするわけですが。(^^;)

【関連記事】
フェンダーのモデリングギターについての私的見解(2)

テープエコーシミュレータ《BOSS RE-20》

2007年07月03日

先日、以前、少し記事にしておりました、
BOSSの新製品『RE-20』を試奏してきました。

・・・・って、エフェクターの場合も“試奏”で良いんでしょうか?
いやいや、細かい事は気にしませんよ。


◎BOSS RE-20 <ROLAND SPACE ECHO> 《8月下旬入荷予定分・予約注文》【送料無料!】
(※写真は楽天ショップへのリンクです。)

この商品、どうもバカ売れしてるみたいですね。
(上記リンク先も売り切れのようです。:07/7/3日現在)
試奏させてもらった、某大手楽器店では在庫切れで、
展示品のみしか残ってないそうで、
本気で買う気なら、『展示品が安くならないか』などの、
交渉が始まるんですが、私も“興味があった”程度ですから、
残念ながら今回はそれには至りませんでした。(笑)
(予算的な都合です。)

とは言ったものの、印象はかなり良かったんです。
最近ローランド/BOSSお得意の、COSM回路でして、
音の方はデジタルなんですが、
私はアナログディレイやテープエコーを、
リアルタイムで体験してきた世代からは少し外れちゃうんで、
空間系のデジタルは、あんまり気にならないんですよ。(^^;
慣れてるって言うか、空間系ってそれが当たり前だったものですから。
(歪み系は、ちょっとでもデジタルっぽかったら嫌なんですけどね。)

そういうのもあってか、音質面はかなり良いと思いましたし、
コントロール系も、非常に使いやすく、
何よりツイスト効果がペダルで手軽に出来るのも魅力的です。

(ライブで使ったら目立つと思います。)


それともう一つ、こっちは欠点の方ですが、
以前、ブログ『ギター演奏中』のjapametalさんから、
アナログのテープエコーのように、ブースターとして使えないか?という
話を伺っておりましたので、ちょっと試してみようと思っって試してみました。

それで、ブースターとして使用するには、
ペダル側で出力レベルを上げる必要がありますが、
残念な事に、RE-20は出力レベルの調整ができません。(T T)

逆に、入力レベルの調整は可能なんですが、
入力レベルを上げ過ぎると、ピークランプが点灯しますので、
あんまり、目いっぱいレベルを上げるわけにもいかず断念。

しかし、そのランプ点灯ギリギリ状態では、
エフェクトオフのときより、若干、音量が大きくなった気はしましたので、
気持ち程度、歪ませることは出来るかもしれません。
しかし、明らかな効果はなさそうな気がしますし、
残念ながら、ブースターとしては難しいようです。

そういった、実際のテープエコーにはできても、
RE-20ではできないことはあるにはありますが、
それでも、このペダルは好印象でした。

ただ、私は実際のテープエコーを、自分で扱った経験がありませんから、
それとの比較が出来ないので、音質については、
気に入った/気に入らないの話しかできないわけですが、
デジタルディレイ等と比べると、アナログ感はあるような感じがします。(^^)


そして今回の音源です。
テープエコーと言えば、ブライアン・メ・・・・なんて事は言いません、
やっぱり、私にとってはリッチー師匠の印象が強いんです。
(ブライアンのファンの方ごめんなさい。)

というわけで、レインボーの三枚目のアルバムから、
ちとマニアックな選曲で音源の元ネタを持ってきました。
今回使用したエフェクターですが、以前も少し使用しました、
フリーで配布されてるVSTプラグインの、
テープエコーシミュレータを使っていますが、
音、超太いです。(^^)

今回は、できればヘッドフォンなどを利用して、
大音量で聞いてほしい感じに仕上がりました。
でもまぁ、本物には完全に迫力負けしてますけどね。(T T)
(比べちゃ駄目です。)



ちなみに、元ネタがわからない方は、このアルバム買いましょう。(爆)
『これを聴かずしてロックを語るなかれ』と言っても過言ではないほど、
ロック史に残る名盤です。(^^)


【Aポイント付】レインボー Rainbow / バビロンの城門 (日本盤CD)
(※写真は楽天ショップへのリンクです。)

早弾きは苦手なんです。

2007年07月02日

私は元々ハードロック系のギターリストのくせに、
早弾きがあんまり上手じゃありません。

・・・って、回りくどく書きましたが、
ハッキリ言ってヘタクソなんです。(T T)

まぁ、誰でも得手/不得手ってあるわけですが、
それを克服しようとして、相当練習したつもりなんですが、
一向に上手くなりませんでした。

私の場合、基本的にピッキングミスが今でも多いんで、
そういった意味では、私のピッキングがラフすぎるので、
エコノミーとかスウィープとかが向いてないのかもしれませんが、
なんにせよできないってのは悔しいもんです。

何処かラフなピッキングの音が好きで、
そういうピッキングばかり練習してたのもあると思うんですが、
それならば、今度は左手のミュートが甘いと・・・・
(ああぁ、自己分析すればするほど、だんだん救われなくなる俺。)


そんな感じで、基本的に不器用なもんで、
こういう、何でもできる器用な方には憧れたりします。



この映像ですが、見所はヴァイよりボネットさんだと思います。

歌はすばらしいのですが、動きが変・・・・
これじゃ、ただの“酔っ払って歌うおっさん”です!!

さて今回は久しぶりに音源を付けますが、
正直、悪質なネタにしかなっておりません。(^^;
(『よく、こんなのアップできるな』なんて言わないで・・・・)
久々に、インギーのフレーズなんぞ弾いてみましたがボロボロです。
最後はピッキングが面倒になって、片手タッピングで弾いてますし・・・・・。

でもまぁ、音だけは良いです。(爆)



いつものように、マーシャル直で、
使用エフェクトはリバーブだけローランドのGP-16でかけてます。
(GP-16の空間系ってかなり良いんですよ。)