【告知】サウンド研究室のfacebookページを開設しました。(2013/02)

レイアウト完成

2007年11月30日

ひとまず、ブログのレイアウトが完成いたしましたんで、
旧ブログから過去記事を運びながらではありますが、
今後はこちらの方で記事を書いていきます。

近いうち、新しい記事をあげるつもりですが、
只今、サウンドテスト&音源製作中です。(^^)

今しばらくお待ちください。

NEVER音源公開

2007年11月27日

以前から書いてました音源(NEVER)ですが、
やっとアップロード先のサイトに登録されましたので、
この度、晴れて公開出来ます。(^^)

(ひと月もかかってますね・・・・)

このブログを始めて以来、初のフルコーラス作品ですから、
久々に、『曲をレコーディングしてる!!』って感じでしたし、
最初からコケるのもどうかという事もあって、
私の、身勝手なプレッシャーを感じていたりしたわけですが、
なんとか公開まで辿り着いてホッとしております。


が、歌は微妙なんでビックリされないでくださいね。(爆)
(最後のシャウトだけは、上手くいったと思ってたり・・・)
(シャウトだけかよ!!)


それで、今回の編集のポイントですが、
残念ながら何にも考えてないです。(^^;
いつもの機材で、いつもどおり録って、
いつもどおり編集しちゃってます。
(肩の力を抜かないと失敗するタイプの人間でして・・・)


【使用機材】
・ギター:ハートフィールド
・アンプ:マーシャル JMP-1
・エフェクター:BOSS SD-1/Roland GP-16
・スピーカー(シミュレータ):パルマー PGA-05
・DRUM/BASS/KEY音源:Roland SC-55 markII


強いて、普段と違うところと言うと、
ボーカルの編集があった事ぐらいですかねぇ。

コンプレッサーとディエッサーとパラメトリックイコライザ、
そしてディレイをボーカルのエフェクトに使いました。
ちなみに、使用したマイクはNECのPCマイクです。(爆)


今回は、ボーカル以外は、
今まで身に付けてきた編集スキルの、
集大成的な仕上がりになりましたが、
まだまだ、色々と勉強しなきゃならない課題が多そうです。(^^;

というわけで長らくお待たせしました、
コチラ、音源の公開サイトです。


http://players.music-eclub.com/?action=user_song_detail&song_id=183193
(※2009/06 音源公開用のサーバー容量の都合により消去しました。)


原曲が聞かれたい方は、このアルバムを。(^^)


【Aポイント+メール便送料無料】フットルース Soundtrack / Footloose (15th Anniversary Edit...

(※写真は楽天ショップへのリンクです。)

posted by しま | Comment(10) | TrackBack(0) | SONG/音源

VISTAで宅録する際の推奨スペック

2007年11月25日

MySoundにNEVERの登録申請をして5日ぐらい経ちますが、
未だ登録さません。(T T)2〜3ニチ ッテ ハナシダッタノニ
あのサイトの 管理って土日祝日は休みなんですね・・・・。

そんなわけで、私も3連休だったのですが、
ずっと不調を訴えてた宅録で使用しているPCの、
メンテナンス&アップグレードで連休が終わっちゃいました。(爆)

今回は、そのPCの話です。


(※クリックで拡大)

今回のアップグレードの内容は、
メモリ: 2G→4G
CPU :CORE 2 DUO E6600→CORE 2 Quad Q6600
です。

実際、OSをいじってる時は、
早くなったという実感もなかったんですが、
レコーディングしてみてびっくり。
今まで、4msまでしか下げれなかった
オーディオデバイスのレイテンシを、
2msまで下げてもプチノイズが出ませんし、
トラック数が多くて処理落ちしていたデータを再生しても、
まったくストレスなく再生できます。(^^)


ひとまず、現状のスペックです。

CPU:インテル Q6600(OC-2.6Ghz)
メモリ:4G
ハードディスク:1T(500G-SYSTEM用RAID 0/500G-作業用RAID 0)
サウンドカード:サウンドブラスター X-Fi Elite Pro
グラフィックチップ:RADEON X1950XT


VISTAで安定してレコーディングしようと思うと、
どうもこれぐらいのスペックは要るみたいですね。
(XPや2000でしたらオーケストラの編集までできそうですが・・・・それは言い過ぎ?)


あと、今まで不安定だった原因ですが、
内部の電源ケーブルを減らしてエアフローを良くしようと思って、
オーディオデバイスとグラフィックカードを、
同じケーブルから電源を取っていたのが原因だったようで、
電源をとり直したらバッチリ安定してくれました。

どうりで、いくら設定しても、一時的に安定するだけで、
効果がなかったわけです。(T T)
(どんだけ、電気食ってるんだ・・・・・)

今度こそ、完全に安定しましたので、
これから数年は大丈夫でしょう。(^ ^)


これでやっと、音源製作に専念できます!!


というわけで、PC復活記念音源です。
特に意味はないんですが、今回はポール・ギルバートの
『Down to MEXICO』風の音源を作りました。



原曲はこちらのアルバムに入ってますが、
実は私、アルバムテイクは聞いたことがなかったりします。(爆)


ポール・ザ・ヤング・デュード〜ベスト・オブ・ポール・ギルバート+ギルバート・ホテル
(※写真は楽天ショップへのリンクです。)

タグ:宅録 DTM Vista

引越し?

2007年11月20日

http://www.voiceblog.jp/shima-z/

こちらから引っ越してこようと思ってます。
只今引越し作業&設定テスト中

posted by しま | Comment(8) | TrackBack(0) | 雑記

90年代初頭のギターサウンドを考える【2】

2007年11月15日

90年代初頭のサウンドについて、
前回から記事にさせてもらってますが、
(1回目の記事はコチラ)
2回目の記事である今回は、
それ風のサウンドの方を作っていこうかと思います。

まず、FIREHOUSEのBill Leverty氏音って、
個人的に90年代初期のハードロックサウンドの、
典型的な王道サウンドのような気がしてます。
倍音が響いて、少しドンシャリ気味で、
ブライトなサウンド・・・・そんな印象です。

一方、私が使ってるマーシャル JMP-1は、
この時期のアンプではありますが、
使っていたのはカイハンセンやら、高崎晃やらですから、
どちらかというとヘヴィメタル系の音なんで、
ちょっとこっち系の音とは違います。

となるとPODを・・・・と行きたかったんですが、
それじゃ、TOPGUNをやった時と一緒だなと思い退きとどまり、
今回はSANSAMPを引っ張り出してきました。(^^)


SANS AMP アンプシミュレーターCLASSIC  
(※写真は楽天ショップへのリンクです。)
(なんか、楽天ショップ内で売り切れが目立ったんですが、
生産停止予定でもあるんでしょうか・・・・)

ウチのウェットなマーシャルサウンドに、
サンズアンプが持つドライな感じを加えてあげれば、
それっぽくなるかなと。
(かなり安直な計画ですが・・・)

それで、今回はSANSAMPをブースターとして使ってみます。
ただ、SANSAMP CLASSICってディップスイッチで音を作ったり、
摘みもほんの少し回しただけでガラリと音が変わっちゃうんで、
ブースターとしては使いにくいように思います。(^^;
設定を固定して、アンプシミュレータとして使う分には、
不便さはあまり感じないんですけどねぇ・・・。
ブースターとして使うならGT-2の方が使いやすいのではと思います。


TECH 21 SANS AMPエフェクター(アンプエミュレーター)GT2
(※写真は楽天ショップへのリンクです。)

というわけでセッティングですが、
SANSAMP側はディップでMIDをカットしてみました。
後は、スピーカーシミュレータやら、
チューブシミュレータをカットして、
セッティングを決めていきました。


(※クリックで拡大)

そして、リバーブはやっぱりレキシコンリバーブ。(笑)
使っているのはVSTプラグインとはいえ、
コイツを使えばそれっぽくなるから不思議。

といったところで仕上がったのはこんな音です。



なかなか、予想どおりに仕上がってくれて、
嬉しい限りなんですが、
もうちょっとヌケが欲しいので、
ミキシング側でパラメトリックイコライザで調整しました。

という訳で最終的に出来上がった音は、
最後の音源を参照ください。
今回のサンプル音源は、FIREHOUSEの1stアルバムに収録されている、
Overnight Sensation風のリフでいってみました。



ちょっと、歪ませすぎちゃったかなぁ・・・・(^^;)



【Aポイント+メール便送料無料】ファイアーハウス Firehouse / Firehouse (輸入盤CD)

(※写真は楽天ショップへのリンクです。)

【関連記事】
90年代初頭のギターサウンドを考える【1】

タグ:SANSAMP
posted by しま | Comment(6) | TrackBack(0) | 雑記

90年代初頭のギターサウンドを考える【1】

2007年11月13日

相変わらず、PCの調子が悪く、
悪戦苦闘中で、先日オクで入札していたDS-1も、
気付いたらオークションが終了しており、
落札し損ねてしましました。(T T)
(まぁ、諦めずまた入札しますが。)

それともう一つ、
現在製作中のカヴァー曲のボーカルトラックを録りましたが、
あまりにも出来が酷いんで取り直そうと思ってます。

まぁ、録り直したところで・・・・・(^^;

ボーカルを上手く聞かせるエフェクターって、
無いんですかねぇ。(爆)

さて、それはさておき、今回の記事ですが、
このブログでは珍しく90年代の音にチャレンジしてみようかと。
と言っても、少し前に取り上げたエクストリーム
90年代メインのバンドですが、
細かいことは置いておきます。(^^; スイマセン

今回サンプルに持ってきたのは、
Bill Leverty氏率いるFIREHOUSEですが、
ちょっと長くなりそうなので、
2回に記事を別けさせてもらおうかと思います。


(この曲、かなり好きだったりします。)

一回目の今回は、90年代初頭の
ロックシーンに対する私の主観を中心に書いて、
次回記事でサウンドメイキングに挑戦していこうと思ってます。

といったところで、本題の方に入っていきますが、
この辺のジャンルって混沌としてますよね。
80年代後半のガンズ&ローゼスに代表される、
アメリカンハードロック勢っていうのは、
どちらかというとエアロスミスなど70年代の血統だと思うんですが、
この90年代初頭にブレイクしたFIREHOUSEや、EXTREME等は、
80年代前半のヴァンヘイレンや、ナイトレンジャー、
ボン・ジョヴィあたりの血統だと思ってたりします。

EXTREMEあたりは80年代ハードロック最後の生き残りとか、
一部では言われてたようですし、
90年代初頭のこの辺のバンドの人気は、
その後のニルバーナショックのせいでしょうか、
一気に低迷期に追いやられて短命でしたよね。

それで、次回の記事に向けて、
Bill Leverty氏の情報を探してみてるんですが、
あんまりBillって人気無いんですかね。(^^;
完全に情報が不足してます。
ギターがYAMAHA Pacificaでアンプがマーシャルって以外、
私も全然知りません。(爆)
(過去のYGを漁れば、何か出てくるかもしれませんが・・・)

でも、Billと同じ音を出そうなんて、
全然思ってませんから、別に解らなくても良いんですけどね。(爆)
今回の目的は、この手の楽曲に合うような音を作ってみましょう
と言ったところで・・・・(逃げやがったな!!)

こちら、FIREHOUSEの1stアルバムですが、
上記映像の曲もこのアルバムに入ってます。
それにしても、アルバムジャケット、
このお姉さんの意味が全然わかりません。(^^;
(これは輸入盤ですが、邦盤の方がカッコ良いです。)


【Aポイント+メール便送料無料】ファイアーハウス Firehouse / Firehouse (輸入盤CD)

(※写真は楽天ショップへのリンクです。)

【関連記事】
90年代初頭のギターサウンドを考える【2】

posted by しま | Comment(6) | TrackBack(0) | 雑記

BOSS DS-1が欲しい!!

2007年11月09日

さて、PCやレコーディングソフトの話ばかりでしたが、
久々にギター関連の話です。

最近・・・・・
というより以前からなんですが、
狙ってたペダルがありまして。

これです。


BOSS DS-1
(写真は楽天ショップへのリンクです。)

名機BOSS DS-1ですが、
実際、中古市場もそんなに高いものではなかったのですが、
OD-1の価格上昇に便乗した形で、
ガンガン値段が上がっていっておりました。
(平均1万円前後だったように思いますが。)
最近はなんとか、価格も落ち着いてきたようでして、
ヴィンテージ品(日本製)でも 5〜6千円まで落ち着きました。

じゃぁ、上記写真の現行品と、
ヴィンテージ品と何が違うのか
というと、
回路自体は全く変わってないらしいのですが
パーツが一新されているという事です。

で、現行品とどちらが良いか・・・・。

いや、その話は入手して記事/音源作るまでとっておきますね。
まぁ私が入手しようとしてるのは、
やっぱりヴィンテージの方なんですが・・・・(^^:
(古臭いロックをやることが多いもんで。)


そして、DS-1といえば、この方もDS-1ですね。



流石に、良い音だしております。 (Keeley モディファイ仕様ですが・・・・)

(訂正:この映像の時は、DS-1ではなくIbanez JEMINIを使用してたようです。)



Keeley Electronics DS-1 Mod “Ultra”
(写真は楽天ショップへのリンクです。)

この曲、For the love of god』
以前、私もやって撃沈しましたが、(爆)
大好きな曲です。(^^)
映像のオーケストラバージョンは、 このアルバムに入ってます。


【Aポイント+メール便送料無料】スティーヴ・ヴァイ 
Steve Vai / Sound Theories I & II (輸入...

(写真は楽天ショップへのリンクです。)

これ、私も先月買っちゃいましたが、
賛否両論ある中、個人的には気にいってます。
インギーのオーケストラ作品はギターだけ浮いたような感じでしたが、
その辺はヴァイ先生、そんな失敗は一切ありません。
往年の名曲が、更にスケールアップして聞けるってだけでも、
ある意味“買い”なんじゃないかと思っております。

ちなみに上記写真のリンク先は輸入版ですが、
これ日本版は4000円近くしまして・・・・、
私は、偶々行ったCDショップに日本版しかなくって、
泣く泣くそれを買って帰りましたが、
日本版と輸入版の入ってる曲も変わらないんで、
ネットで輸入版を買えば良かったと後悔してます。(T T)


【関連記事】

・BOSS DS-1のサウンド
・ゲイリー・ムーアサウンドに挑戦(BOSS DS-1)

タグ:DS-1 BOSS

SONARとVISTAとX-Fi

2007年11月05日

ただいまちょっとお悩み中です。

先日、ハードディスクがクラッシュした後、
ハードディスクを新たに購入したのですが、
フォーマットしたら破損したディスクが復活したので、
そのまま、レンダリング/レコーディングで使用するドライブを、
システム(OS)が入ってるドライブと分けたんです。

要するに作業用のドライブとOSのドライブを、
物理ドライブから分けて、
より安定させようというのが目的だったんですが、
せっかくドライブを分けたのに、
その時にOS(VISTA)を再インストールしてから、
どうにもレコーディングソフトが安定しません。(^^;
(※不具合の解決法を見つけたので、記事最下段に追記してます。)


(※クリックで拡大)

それで、色々と設定を見直して、
おおよそシステム自体は安定させたは良いが、
(稀に、変なエラーも相変わらずでますけど。)
どうにも、SONAR6だけがまったく安定してくれません。
メインで使ってるレコーディングソフトなんで、
これが安定してくれないと困るんですけどね。


SONAR7無償バージョンアップ対象!【送料無料!】Cakewalk SONAR6 PRODUCER EDITION
(※写真は楽天ショップへのリンクです。)

どこかでCakewalk社って、
VISTAのサウンド部分の開発を受け持ったって話を聞いたのですが、
(どこかの書き込みで、ちらりと見かけた程度の情報です。)
それで安定しないってのは、他のメーカーはもっと苦労してそうな気がしますし、
まともにVISTA対応を謳ってるDAWソフトって、
かなり少ないので選択肢が限られるんですよね・・・・。


OSの再インストール以前は、問題なく動いてましたから、
(まぁ、これも設定に苦労しましたが。)
VISTAの問題とは考えにくいし、
他のソフトが安定してるから、
ドライバの問題とも考えにくいのですが、
どうも、以前と同じ設定だとエラーが続出。

サウンドカードの最新VISTAドライバと、
アプリケーションの相性問題なのでしょうか・・・・。

それにしても、DTM系でSound Blaster X-Fi Elite Proを、
使われてる方も少ないようで、
ネットで同じような不具合に合ってる事例も、
見つけきれませんでした。(T T)
(良い、オーディオデバイスだと個人的には思うのですが。)

というわけでもうしばらく格闘しようかと思ってますが、
sonar+Sound Blaster X-Fi Elite Pro+Windows VISTAは、
かなりクセモノですので、
もし、同じ環境を考えられてる方がおりましたら、
その辺、覚悟しておいた方が良さそうです。


とりあえず、現状の不具合ですが、
ループ再生/録音をすると、ループ区間の頭に戻る時に
オーディオデバイスがクラッシュして再生音が鳴らなくなります。
アプリケーションの動きを見てると、
録音/再生共に処理は出来てるみたいですが、
スピーカーからの出力がキャンセルされてます。



いい加減、この辺の悩みから開放されて、
思う存分、音源作をしていきたいんですけどねぇ・・・・。


ここじゃ、私と同じ環境でも、
普通に動いてるみたいなんですけどね。(爆)

http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20070205/dal268.htm

上手く動く始めたら、 解決方法を書いていこうと思いますが、
いったい、このメビウスの輪からいつ抜け出せる事やら・・・・(^^;

【2007/11/06追記】
ひとまず、不具合は解決しました。
オーディオドライバを、ダウングレードしたり、
ハードディスク周りをチェックしたり、メモリをチェックしたりと、
散々色々やってもダメで諦めかけてたところ、
sonarをver6.2.1から6.2に戻したらすんなりと動きました。

もし同じ症状で悩まれてる方、おられましたら、
sonarをダウングレードしてみてください。
私と同じ原因が問題であれば、それで解決すると思われます。