【告知】サウンド研究室のfacebookページを開設しました。(2013/02)

サスティーン キングを目指して

2013年04月28日

ちょくちょくいじってた、Ibanez RBM1Sですが、
ようやく、ここに来ていじる方向性が固まってきました。

img 130428 RBM1S

単純に好みになるようにいじると、
現在メインギターにしてるHeartfieldと変わらないので、
ちょっと特徴的ないじりかたをしようと思ってます。

コンセプトは『サスティーン キング』

このギター、元からピックアップがEMGなので、
結構なサスティーンがあったりしますが、
悪い所をなくすではなく、良い所をさらに伸ばすという考え方。

流石にサンタナほどのロングサスティーンは、
ブリッジがフローティングである以上無理だと思いますが、
(ここは変える気がない。)
その上で出来る限りサスティーンを稼ぐような方向性で今は考えてます。

サスティーン強化のポイントとしては、
ヘッド重量、ネックジョイント、ブリッジ重量、
サドル材質、ナット材質等々ありますが、
ナットやジョイントなどはこのギターは変えようがないので、
やれる部分でやってみようかと。

また、やりすぎると鳴りについては不安があるので、
その辺を検証しつつ進めていければと。

予算の都合も考えると、
おそらく長期スパンになるかとは思います。

とりあえず、その第一弾としては、
先日購入したタングステン製のサスティーンブロック。

img 130428 タングステンブロック

どう変わるか楽しみですが、
まだ、弦を張り替えて日が浅いんで、
試すのはちょっと先の話になると思います。
換装が終わったら、またレビューいたします。


タグ:RBM1S

サスティーンブロックの交換(鉄→ブラス)

2013年04月20日

先日個人輸入で購入した、
フロイドローズ PRO用の純正サスティーンブロック(トレモロブロック)です。

img 130418  Floyd Rose PRO サスティーンブロック

フロイドローズ オリジナルとネジ穴以外は同じなので、
最初からベースプレートの穴の位置を共通にしておけば、
同じパーツが使えてコストダウンできたのにと思うのですが、
なぜこういった仕様にしたのかは不明。

以前、手持ちのフロイドローズ PRO 2台を分解した際に、
同じフロイドローズ PROでありながら、
サスティーンブロックの互換性がなかったので、
届いたサスティーンブロックが上手く取り付けれるか不安でしたが、
どちらかには適合するだろうと半分賭けで発注しました。

結果は、メインギターとして使ってる、
Heartfieldに取り付けてる方のフロイドローズ PROに適合。

img 130418  Floyd Rose PRO サスティーンブロック

右が今回購入したブラスのブロックで、
左が今まで使用してた鉄ブロックです。

現状で、フロイドローズ社がブラス性の
サスティーンブロックを採用してるとは聞いてたものの、
商品情報にがブラス製とは明記されてなかったので、
今使ってるのと同じ鉄ブロックが届いたらどうしようかと、
こちらも内心不安でしたがとりあえず問題なし。

img 130418  Floyd Rose PRO サスティーンブロック

コーティングされてる為、
外観はあまり変わりませんが、
掘り出したネジ穴の色で材質が解ります。
ブラス製のほうはゴールドです。

img 130418  Floyd Rose PRO サスティーンブロック

無事に取り付け完了と思いきや、
前後逆に付けてしまってます。

フロイドローズのロゴがブリッジ後ろ側に向くのが正解のようで、
このままギターに取り付けると、
トレモロスプリングが上手くハマりません。

img 130418  Floyd Rose PRO サスティーンブロック

この後、面倒なオクターブピッチの調整と、
ブリッジの重量が変化したので、
スプリングハンガーの調整も必要でしたが何とか終了。

行きつけの楽器店が閉店する前は、
メンテの時に一緒にやってもらってたのですが、
自分でやるとその苦労が身に染みる。

img 130418  Floyd Rose PRO サスティーンブロック

そして完成。

今回は、前回分解したままの状態からの換装だったので、
比較音源は録れてませんので、私の主観で語ります。

感じとしては、サスティーン/倍音共に増え、
低音に締りが出る感じです。
ミッドは少し抑え目で、
ドンシャリ気味のモダンな音の傾向。
少し音に暴れが出てまとまり感は減少しました。

何故、フロイドローズ社がブロックの材質を、
鉄からブラスに変更したのかが解る気がします。
HM/HR向けには良い変化だと思います。

ブラスは鉄よりも重くて軟いので、
サスティーンブロック交換の傾向としては、
こういったまとめで良いとは思います。

【重量】
重:サスティーン
軽:鳴り重視

【硬度】
軟:倍音重視
硬:音のまとまり重視


ただ、素材の振動伝達率も影響してくるでしょうし、
ギターの木材によっても変わりそうな気がするので、
正直なところ、断言するには若干自信がありません。
詳しい方がおりましたら教えていただけると嬉しいです。

最後に、現状のサウンドサンプル。



このギターを購入してから約20年。(2013年現在)
今までも随分いじってきましたが、
ようやくここまでたどり着いたといった感じです。

今のところ、このギターのサウンドに
不満はないというところまでやっときました。
5年後には、あれが違う、これが違うと言ってるかもしれませんが。


Floyd Rose用のパーツを購入

2013年04月15日

以前、購入を悩んでいたパーツを、
結局、海外サイトで発注し、
遥々海を渡って無事に到着。

img 130416 フロイドローズパーツ

発注したのは、以前の記事に書いてたここ。

http://www.musiciansarsenal.com/


ブリッジ/ブリッジパーツ専門店みたいな感じで、
特にフロイドローズ系の品揃えがかなり良く、
今回購入したものもそうですが、
日本では売られてないパーツなんかも置いてます。

今回は発注から一週間弱で到着という、
なかなか素早い対応でした。

もし購入する場合は、
送料が3,000円ほどかかるので、
まとめて買わないと結構痛いというのと、
日本円で16,600円を超えると関税徴収の対象になるので、
そこら辺を計算して購入するのが良いかと。

国内のショップで買った方が安い場合もありますので、
国内ショップと価格を比較しながら検討した方が良さそうです。

また、毎回このショップが、
こんなにスピーディーな対応をしてくれてるかどうかは、
私も一度発注しただけなのでわかりませんので、
自己責任でお願いします。


今回入手したもの
・Floyd Rose PRO サスティーンブロック(ブラス製)
・Floyd Rose サスティーンブロック(タングステン製)
・Floyd Rose アームバー


以上三点。

最近、トレモロブリッジの話ばかり連続して書いてますが、
現在、今回購入したブラスブロックを試してますので、
もう1回、トレモロブリッジの話が続きます。



Ibanez EDGEからFloyd Roseへの換装 (3)

2013年04月12日

フロイドローズとIbanez EDGEの互換性の検証最終回。
今回は換装後の音質の比較レポートです。

まず、準備した事ですが、
この手の音質比較というのは、
弦交換も伴う部分がありますので、

『音がブライトになりました。』
『張りと艶がアップしました。』

となりがちだと思ったりするのですが、
正直、新しい弦になったことによる変化なのか、
パーツによる変化なのかわかり難い部分もあると思います。

なので、逆に手間はかかりましたが、
今回は弦は張り替えずに比較しました。

まず、EDGEでリフを録音した後、
弦を緩めた後、ネックにカポをはめ込んで
ボディにセットされたブリッジを外します。

img 130412 Floyd Rose/Ibanez EDGE

そしてロックを外した後、
弦のインサートブロックに挟まれてて、
折曲がってしまってる部分をカット。

img 130412 Floyd Rose/Ibanez EDGE

次はフロイドローズに弦をロックしてからブリッジを取り付け。
後は弦高、ピッチ、トレモロスプリングを調整後録音。

これで、純粋にブリッジの音が比較できるのではないかと。

テスト結果です。



前半2フレーズがIbanez EDGE、
後半2フレーズがフロイドローズです。

換装後はハイがしっかり出てドライなニュアンスの音となり、
ロー側もしまりが出て音の輪郭がクッキリした印象。
完全に別のギターの音になりました。

ミッドについては、ローミッド辺りが弱まったのか、
しっとりした感じがなくなります。
サスティーンも気持ち減少した気がしてます。

少々気になるのが、
同じアンプのセッティングで歪が少し減ってるところですが、
換装後に、弦高を上げたことが原因なのかなと考えてます。
(ブリッジが原因とは考え難いので)

鳴りはフロイドローズ、サスティーンはEDGE、
後は音の好みでといったところか。

この音質の違いというのが、
ブリッジの重量の違いなんでしょうけれど、
Ibanez EDGEの方がベースプレートに厚みがあるので、
多少重いんじゃないかと思います。
秤がないので正確には測ってはいません。

他に、ブリッジの材質も音質に違いの原因にるとは思いますが、
今回の検証で使った2者は両者とも材質は鉄で、
ベースプレートは鍛造ですので、
今回は、ここでの差はさほどないのではと推測してます。

フロイドローズは、鍛造ではなく、
一枚板の折り曲げでベースプレートを製造してた時期もあったので、
その頃のフロイドローズとの換装だと、
音の違いがさらに顕著に出てた気がしてます。

img 130412 Floyd Rose/Ibanez EDGE

以上にて、
Ibanez EDGEからフロイドローズへの換装レポは終了。

今回の改造でIbanez RBM1Sの音は好みに近づいたので、
このままFloyd Roseで使っていくつもりです。
見た目についても、後はペグのみでゴールドパーツ化完了。
良い感じでカッコ良くなってきました。


【関連記事】
Ibanez EDGEからFloyd Roseへの換装 (1)
Ibanez EDGEからFloyd Roseへの換装 (2)


Ibanez EDGEからFloyd Roseへの換装 (2)

2013年04月09日

前回に引き続き、
Floyd Rose ORIGINALとIbanez EDGEの
互換性の検証記事です。

前回はギター側の互換性をメインに書いてきましたが、
今回はブリッジ側の互換性と、
パーツの違いを見ていきます。

【ネックのアールへの対応/弦間ピッチ】

ブリッジサドルの弦間ピッチは、ほぼ同じです。

フロイドローズはブリッジサドルの高さでアールをつけてるのに対し、
EDGEはベースプレートにアールが付いてます。
この辺は、以前フロイドローズプロを分解した時を思い出します。

img 130406 Floyd Rose/Ibanez EDGE
(左:Floyd Rose/右:Ibanez EDGE)

このアールについては、フロイドローズの場合、
基本的にFenderのストラトに合わせてるという
話を聞いたことがあります。

IbanezのEDGE搭載ギターの多くは、
ネックのアールが少ないので、
ブリッジ側のアールもそれほど必要ありません。

なので、フロイドローズの、
2〜5弦のブリッジサドル下に敷いてある、
アール調整用の中のシム(鉄板)を外してみました。

img 130406 Floyd Rose/Ibanez EDGE

これで、Ibanezのネックのアールに対して、
ちょうど良いぐらいのアールになったと思いましたが、
セッティングしてて1弦の弦高に違和感があったので、
結局元に戻しました。

余計なパーツは少ない方が
チューニングが安定しそうな気がするのと、
振動ロスが少ない気がするのもあって、
あまり戻したくはなかったというのが本音ですが。

これはあくまでも今回はという感じなので、
実際はフレットの磨り減り具合などで
シムの必要/不用は変わってくると思います。


【ストリングロックスクリュー/インサートブロック】
EDGEとFloyd Roseのパーツで、
一見、相互利用できそうな形状の、
ストリングロックスクリューとインサートブロックです。

img 130406 Floyd Rose/Ibanez EDGE

両方とも左がフロイドローズのもので、
右がEDGEのものです。

・インサートブロック

EDGEの方が一回り大きいです。
その為、EDGEのブロックはフロイドローズには入りませんが、
EDGEにフロイドローズ用の
インサートブロックを使用する場合においては、
逆は多少ぐらつきはありますが、
無理に使えば一応使用はできそうでした。

ただ、このサイズの違いがある以上、
インサートブロックはチタン製やステンレス製など、
フロイドローズ用の社外パーツも出てますが、
精度的にちょっと不安が残ります。

アップグレードしたつもりがチューニングが安定しないなどの
問題が出てくる可能性はあるものと思った方が良さそうです。
使ってみると案外上手く行ったという事もあるかもしれませんが、
オススメはできません。

・ストリングロックスクリュー
長さ以外は完全に同じ規格のものでした。
EDGEの方が少しだけ長いです。

前回の記事で、EDGEの方が総サイズが大きいので、
フロイドローズに換装した際は
ザグリに隙間ができそうだと書きましたが、
フロイドローズにEDGEのストリングロックスクリューを付けると、
後部が長くなるので多少隙間を埋めれます。

反対に、EDGEにフロイドローズの
ストリングロックスクリューを付けると、
ベースプレートが干渉して、
ピッチ調整の際にブリッジサドルの可動域が狭くなります。


【その他】

ブリッジとは関係ありませんが、
ナットキャップとテンションバーのネジ位置も互換性があります。

今回記事にした以外のパーツについては、
あからさまに形が違うので検証まではしてませんが、
もしかすると、他にも互換性があるパーツもあるかもしれません。


Floyd Rose ORIGINALとIbanez EDGEの互換性検証記事は次回で最終回。
次回は、フロイドローズへの換装前と換装後の音の違いをテストします。


【関連記事】
Ibanez EDGEからFloyd Roseへの換装 (1)
Ibanez EDGEからFloyd Roseへの換装 (3)

Ibanez EDGEからFloyd Roseへの換装 (1)

2013年04月06日

Ibanez RBM1Sのブリッジを、
EDGEからFloyd Roseへ換装するため、
Floyd Rose ORIGINALを入手したので、
EDGEとFloyd Roseの互換性について検証しました。

img 130406 Floyd Rose/Ibanez EDGE
(左:Floyd Rose/右:Ibanez EDGE)

EDGEはフロイドローズのライセンスブリッジとはいえ、
あくまでもそれは構造上の事で基本的には別物。

ネット上ではポン付けできますという情報や、
逆に規格が違うので取り付けれないという情報があり、
どっちが本当なのか良くわからなかったので、
いっその事、自分で試してしまおうという魂胆。

上手く換装できなければ今回購入したフロイドローズは、
眺めるだけの鉄の塊になるところでしたが、
先に結果を記すと、スタッド位置もザグリも問題なしでした。

詳細については、少し長くなるので3回に別けて記事にいたします。
1回目の今回は、ギター側の互換性についてです。


【ザグリ(表部分)】

基本的にEDGEの方がFloyd Roseよりも、
ベースプレートが少し大きいです。
なので、ザグリに少しだけ隙間が出来ます。

img 130406 Floyd Rose/Ibanez EDGE

今回はボディ下部がカットされた変形モデルである、
RBM1Sで換装テストしてるので、
後方のストリングロックスクリュー部分のサイズは、
気にしなくても良い状態になってますが、
こちらも少しEDGEの方がFloyd Roseよりも長かったので、
Ibanez RGなど、一般的な形状のギターにインストールする場合は、
ザグリ後方にも少しだけ隙間が出来きそうです。

気にしなければ、気にならない程度ですが、
どうしても気になる方は、
止めておいた方が得策かもしれません。

EDGEは単品販売されていないので、
あまり、こういった改造をする人はいない気もしますが、
こういったサイズの微妙な違いから、
EDGEからFloyd Roseではなく、
逆にFloyd RoseをEDGEに換装する場合においては、
ザグリを広げる必要が出てきます。


【サスティーンブロック(Toremolo Block)部分のザグリ】

Floyd Roseは32mm/37mm/42mmのサイズがラインナップされてますが、
Ibanez EDGEの場合、手元のギター(Ibanez 540R)で確認したところ、
HSが32mm、Sが37mmでした。
(稀に35mmという特殊サイズもあるようですが。)

img 130406 Floyd Rose/Ibanez EDGE
(左:Floyd Rose<32mm>/右:Ibanez EDGE)

42mmは持ってないので確認できませんでしたが、
ブロックに書いてる表記が、
SでもHSでもなければ42mmと思って貰って大丈夫かと。

img 130406 Floyd Rose/Ibanez EDGE

それと、気になってたのが、
スタッドの支点からサスティーンブロックまでの長さでした。

これが違うと、サスティーンブロックにボディが干渉し、
アームの稼動域が変わってしまうので、
ボディ裏のザグリを調整してあげる必要が出てきますが、
こちらもEDGEもFloyd Roseもほぼ同じなので、
そのまま、換装前とほぼ同等の可動域で使えます。


【スタッド位置】

最初に書いたように、スタッドの幅は同じです。

スタッドの高さについては、
EDGEの方が ベースプレートにかなり厚みがあります。
その為、Floyd Roseに換装後は、
少しスタッドを高めに調整してあげる必要はあります。

厚みの差は2倍ぐらいですが、
差がブリッジの支点から上下に分散されるので、
実質1〜2mm程度の差でした。

img 130406 Floyd Rose/Ibanez EDGE


スタッドの埋まり具合が少し浅くなるので、
強度的な心配はありますが、
実際に使ってみて、特にガタつく事もなかったので、
気にしなければ、問題はなさそうに思います。


今回は、Floyd Rose ORIGINALで検証してますが、
Floyd Rose ORIGINALと同サイズのFloyd Rose SPECIALや、
ライセンス物でフロイドローズ互換を謳う
グラフテックのString Saver LB63 Bridge等も、
Edgeからそのまま換装できそうです。


次回に続きます。


Floyd Rose ORIGINAL CH トレモロ

Floyd Rose ORIGINAL CH トレモロ
価格:20,850円(税込、送料別)

(※写真は同商品を扱う楽天ショップへのリンクです。)
(※リンク先商品のカラーはクロームです。)


検証結果は、あくまでも私の環境においての結果です。
基本的には、同規格のギターには適合するとは思いますが、
Ibanez EDGEとフロイドローズの互換性を保証するものではありません。
同様の改造をする際は、自己責任でお願いします。


【関連記事】
Ibanez EDGEからFloyd Roseへの換装 (2)
Ibanez EDGEからFloyd Roseへの換装 (3)


KORG Pitchblack Poly/DC OUT 性能検証

2013年04月02日

KORGのチューナー『Pitchblack Poly』に付いてる、
DC出力端子の性能をテストしてみました。

img 130402 Pitchblack ノイズフィルター検証

こちらは、メーカーの広告文。

>ペダル・エフェクト・サイズのpitchblack Polyは、
>エフェクト・ボード・システムに組み入れての使用にも便利。
>オプションのACアダプター使用時に他のエフェクト・ペダルなどに
>電源を供給でき るDC OUT端子を装備。

>DC OUT専用に電源回路を持っているため、
>エフェクト・ペダル専用のパワー・サプライと同じクオリティの
>ノイズのない安定化された 9V、200mAの電源を
> 供給することができます。

電源が安定化されてノイズが減るといったところでしょうか。

今回のテストでは、
トラブルがあったアダプターとエフェクターを使用した方が、
より性能が解りやすいのではないかと思い、
以前、EPブースターで使用した際に妙なノイズを発信してた、
BOSSのPSA-100(初代)を用いてテストします。

img 130402 Pitchblack ノイズフィルター検証

行うテスト内容は単純で、
まず、DC INの端子にPSA-100を繋ぎます。

後はDC OUTから分岐タイプのDCケーブルを用いて
エフェクトペダルに電源供給した場合と、
PSA-100から分岐タイプのDCケーブルを使って
エフェクトペダルに電源供給した場合
を比較します。

あと、結果が解りやすいように、
接続はEPからにもう一つ歪み系を通し、
ゲインを上げてノイズの量を増やしてからアンプに繋ぎました。

下の画像は、そのホワイトのイズを録音したものです。

img 130402 Pitchblack ノイズフィルター検証

画像はホワイトのイズを録音後にノーマライズしてます。
(普通は、こんなにノイズはありません。)

前半がPitchblackを通して電源供給を行ったもので、
後半がPSA-100からの電源供給を行ったものです。

あからさまに違いが出ました。

今回は、あえてノイズが出るエフェクターと
アダプターの組合せでテストしましたが、
しっかりと安定化されたアダプターを使用した場合は、
ここまでの違いは出ない気はします。

こちらは実際の音です。



単純にホワイトノイズをノーマライズしたものですので、
音量には気をつけてください。

コンセントからの電源供給である以上、
どうしてもノイズは避けられないので、
電池程のローノイズというわけにはいかないとは思いますが、
なかなか良い感じです。

ただ、電力の供給量が200mAまでなので、
ディレイなど電力量が多く必要なペダルを使用したり、
あまり沢山のペダルを繋ぐのは難しいかと思います。
そういった場合においては、
素直にパワーサプライを買った方が良さそうです。
(※写真は同商品を扱う楽天ショップへのリンクです。)


≪追記(2013/04/12)≫

コメント欄にてTDさんより情報をいただきました。
ネットの情報で確証があるわけではないのですが、
KORGの純正アダプターKA181は非安定化電源らしく、
場合によっては、電力不足になるかもしれないとの事。

今のところ私の方はBOSSのPSAで使用してて問題はでておりませんが、
気にされる方は、純正アダプターを使用した方が良いかもしれません。



【関連記事】
・KORG pitchblack Poly
・続・KORG pitchblack Poly