【告知】サウンド研究室のfacebookページを開設しました。(2013/02)

YAMAHA CPX-7を購入しました。

2017年02月15日

ライブ等で持ち出した際に、
ラフに扱えるアコギが欲しいと思い、
手ごろな価格で良いのはないかなと
ずっと探していて、
やってきたのはYAMAHA CPX-7

img-170214-01.JPG

1998年発表された、
CPXの最初期モデルです。

購買理由が理由だけに、
音が鳴れば何でも良いぐらいの気持ちで
最初は探してたんですが、
その過程でコレに惚れて一点狙い。

といってもヤフオク購入なので出音は聞けず、
見た目とスペックだけで選び、
肝心の音は二の次だったりします。

img-170214-06.JPG

無駄に仰々しい
存在感ありまくりの立体エンブレム。
これの重さのせいなのか、
ストラップ付けて抱えるとヘッド落ちします。

img-170214-07.JPG

便利なんだけど鳴りをスポイルするので
アコギ使いはむしろ避ける人が多い
アジャスタブルブリッジ。
ピックアップはここに
アンダーサドルピエゾが挟まってます。

img-170214-04.JPG

唯一使われてる貝殻。
あまり派手に使われるより、
ワンポイントぐらいが好きです。

img-170214-03.JPG

ネックの形状はストレート。
ハイフレット〜ローフレットまで、
ほとんど太さが変わりません。
通常のアコギよりもエレキに近い感覚。
めちゃくちゃ弾きやすいです。

IMG_1519.JPG

プリアンプ。
たしかSYSTEM-39。
EQの効きは良いほうかと。

img-170214-02.JPG

バック/サイド/ネック材は近年稀少に
なりつつあると騒がれてるマホガニー。
トップ材はスプルース合板なので、
今まで私が使ってたFG-150と
全く同じ仕様です。

面白い事に同じ木を使っても
爆鳴りのFG-150と違って、
生音は全然鳴りません。
(※鳴る/鳴らないの判断は
個人差があると思いますが。)

ここまでの仕様をみても、
私でもわかる鳴らない理由が
いくつかあるんですが、
ハウリング防止の意味で、
あえて生鳴りを抑えてる気もします。

個人的にエレアコにまで
鳴り至上主義を持ってくるのは
あまり好きじゃないのもあり、
ラインの音さえ使えれば全然問題なし。

音は90年代後半によく耳にしたような、
ザ・エレアコ!って感じの音がします。

生音で良い音が欲しければ、
今まで使ってたギターを使えば良いので、
録りの時は使い分けていこうかと。

ただ、弾き語りのステージの時は
もう少し生音っぽさが欲しいので、
しばらくはちょっと試行錯誤してみようかと思い中。

あと、ピエゾがハムノイズを出し始めてるので、
そこら辺の調整も今後の課題。

今回、音源もアップしようと思ったのですが、
ちょっと時間が取れなかったので、
追々エフェクターのレビュー等にてアップします。


以上、新しく仲間になった愛機の紹介でした。

【関連記事】
・CPX-7のピックアップ交換

GEORGE L'S販売終了?

2017年02月08日

パッチケーブルを作ろうと思い、
久々にGEORGE L'S(ジョージエルス)の
ケーブルとプラグを久々に追加購入しました。

img170208.jpg

ベルデン&スイッチクラフトと比較すると、
最安値でも1.5倍〜2倍ぐらいの
価格になっちゃいますが、
いかんせん長く使えるので、
コストパフォーマンスは悪くないかと。

私も10年近く使ってますが、
断線はしたことないですし、
偶の接触不良はケーブルの端を少し切って
プラグを挿しなおせば
今の所復活しなかった事がないです。

また、音も非常に素直で癖がないので、
かなり気に入ってます。


ですが


一年ぐらい前だったか、
輸入代理店が輸入を止めるとか
止めたとかいう噂で・・・。

別にGEORGE L'Sじゃなきゃダメだとまでは
言わないのですが、
一旦これで揃えてるので、
変えるとなるとまた出費が・・・

少し買い置きしとこうか
どうしたものか。(´Д`;)