【告知】サウンド研究室のfacebookページを開設しました。(2013/02)

FOSTEX T50RP レビュー(1)

2009年07月05日

モニターヘッドホン FOSTEX T50RPのレビューです。
現段階では、まだエージング中なので、
今回は使用感などをメインに書いていきます。

FOSTEX T50RP
(※クリックで拡大)

先ずは、カタログスペックです。

○形式 :ダンプド・セミオープンRPダイナミック型
○再生周波数帯域 :15〜35,000Hz
○インピーダンス :50Ω
○感度 :98dB/mW
○最大入力 :3,000mW
○本体質量 :約330g
○ケーブル長 :3m(片出しタイプ)
○プラグ :ステレオ標準プラグ



■重量
330gってのは、ちと重いです。
SONY MDR-900STと比較しても、
130gほど重いもんで、ズッシリくる感じはあります。


■装着感

重いのに加えて、クッションなども付いていないため、
長時間使ってると結構頭のてっぺんが痛いです。(^^;
これも、捉え方次第だとは思うのですが、
個人的には、いかにも業務用って感じで嫌いじゃありません。
例えるなら、戦闘機のコクピットの椅子のような感じでしょうか。
人によっては、自作でクッションを取り付けて使ってたりするようです。


■ケーブル/端子

ケーブル長は3mあります。
これだけあれば、とりあえずは問題はないかと。
本体側のケーブルの抜き差しが出来ますが、
容易に抜き差しできる感じでもないので、
ヘッドフォンを付けっぱなしで抜き差しは難しいかと思います。
なので、ケーブルに不具合が生じた時の交換用途といったところでしょうか。

端子については、安物のシールドっぽい感じです。
金メッキもしてないです。
音質が向上するかどうかはわかりませんが、
気になる方は、ケーブル自体自作するってのもアリかと思います。
私は、とくにこだわってません。


■デザイン
人間の感覚ってアバウトなもんで、
どんなに良い音がなっていようが、見た目で気に入ってなければ、
良い音がなってる気がしないもんだったりします。
(いわゆる、ブラシーボ効果の一種のことです。)

その為、音には関係ない部分ですが、
私は、こういうところは結構重要だと考えています。

それで、このT50RPのデザインはというとかなり無骨です。
質感も、高級感の欠片もなく、いかにも業務用といった感じです。
でも、この無骨さはメカ好きには良いかと思います。
私は、結構好きです。(^^)


■堅牢性

結構、ガッチリと作ってあるんですが、
重さが重さなだけに、落としたりすると危険そうな気がします。

あと、サイズの調整は、
サイドに向き出しになってる鉄芯の上下で行うのですが、
これ、ゴムの穴をスライドさせるだけなんで、
磨耗などで、緩くなってきたりする可能性はありそうです。
(あくまでも“可能性”です。ここは数年使用しないとわからないんで。)


以上、使用感のレポートでした。
次回は、音のレポートの方をしていきます。




ヘッドフォン フォステクスFOSTEX T50RP
(※写真は楽天ショップへのリンクです。)


【関連記事】

・FOSTEX T50RP レビュー(2)
・FOSTEX T50RPを入手しました

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122604475

この記事へのトラックバック