【告知】サウンド研究室のfacebookページを開設しました。(2013/02)

AKG K240Sを導入

2013年02月18日

先日、モニターヘッドフォンを新規で購入しました。
海外のレコーディングスタジオにおいて、
標準的に使われてるAKGのK240シリーズです。

img 130218 AKG K240S

私が買ったのはK240Sで、
K240 monitorの後継機でありK240MK2の前機種。
新春特価で叩き売りされてたのでついつい購入。
半分、衝動買いでした。

これでT50RPMDR-CD900STに続き3本目のモニターヘッドホンです。
リスニング用ヘッドホンも入れると4本目。

最近、ようやくエージングも進み、
音が落ち着いてきたのでレビューします。


【サウンドの方向性】
低音量だとすこしドンシャリ気味で聞き心地が良く、
しっとりと聞かせる音。ウェットなニュアンス。

大音量だとスタジオモニターらくエッジが立った感じで、
ザクザクと音が耳に突き刺さるが、900STほど極端ではありません。

音量の変化に対してミッドの上下が著しく、
低音量で軽くドンシャリ気味だったのが、
大音量にするとフラットな印象の音に変化していきます。

音量でここまでキャラクターが変わるヘッドホンも初めてです。

リスニングの時は音量を下げて、
編集の時は音量を上げるといった使い方をすれば、
結構、万能に使えるんじゃないかと思いました。


【音場】
近すぎず、遠すぎず。
レコーディングの時は900STのような、
耳元で鳴ってるような感じが助かりますが、
そこまで音場は狭くはないです。

手持ちのヘッドホンで比較するならば、
T50RPより狭く900STより広いといった印象でした。

現状で私は、録りの際は900ST、
編集の際はT50RPと使い分けてますが、
その中間的な感じなので、
レコーディングから編集まで、
1本でこなせるんじゃないかという印象です。

逆を言えば、どっちつかずという事にもなりますが。



【装着感】
軽いですし、圧迫感もありません。
フリーアジャストで、付け心地は抜群です。
私が持ってるヘッドホンの中じゃ一番良いかも。
長時間付けてても疲れないです。


【遮音性】
ないです。

セミオープンのはずですが、
正直なところ、小型のスピーカーを耳に装着してる感じです。

ボーカルのレコーディングには使えない。

海外のレコーディング現場において、
K240ではなくK141が使われてるのは、
この辺が一番の理由なんじゃないかと思ったりするのですが、
K141の音漏れってどうなんでしょうね。
あっちも同じセミオープンのはずですが。


【まとめ】

だいぶ気に入ってます。
シンディ・ローパーとか、伸びのある女性ボーカル系は、
聞いてて気持ちが良いです。

ただ、他のヘッドホンも所有してるわけで、
どういう位置づけで使おうか検討中。
今のところ、マスタリングで使うのが良いのかなと考えてます。

レコーディング(900ST)→ミックス(T50RP)→マスタリング(K240S)

といった感じが、今のところ最有力候補。


img 130218 AKG K240S

あと、AKGが製造工場をオーストリアから中国に変更しており、
ヘッドホン側面に誇り高げに入ってたオーストラリアの文字が消えてます。
私が買ったのも中国製です。

オーストリア製と中国製では若干音の違いがあるという話もあるのですが、
音の違いって比較しなきゃわからないので私はあまり気にしてないです。

どうしてもオーストリア製にこだわりたい人は中古で探すしかありませんが、
レコーディングスタジオで使われてるものも、
今後、壊れて買い換えていけば中国製になるわけで、
これからはそっちがスタンダードになってくるのではと思ってます。

エージングについては、結構長時間しないとだめみたいで、
買ったばかりの状態ですと、低域がパッチンパッチン鳴ります。


(写真は同商品を扱う楽天ショップへのリンクです。)

AKGのモニターヘッドホンって、
基本的に高かった印象なんですが、
ここ数年でだいぶ安くなった気がします。

円高を含め、色々と理由はあるのでしょうけど。


この記事へのコメント
あら、私のも同じ旧型240sです^^
スピーカーが使えない深夜のMIXにも大活躍中ですが
私の場合、なぜか240でマスタリングまでやると
仕上がりが丸い音になる傾向があります…w
Posted by 猫缶 at 2013年02月20日 17:13
>>猫缶さん
ミキシングやらマスタリングの時って、
細かいところを聞く為に、
結構大音量にすることが多い気がするのですが、
K240Sは音量を上げると結構エッジが立ってきますもんね。
Posted by しま at 2013年02月20日 19:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック