【告知】サウンド研究室のfacebookページを開設しました。(2013/02)

YAMAHA FG-150の引退

2017年01月25日

今回はレビューとかではなく、
個人的な記事になります。

何度かこのブログでも紹介しましたが、
学生の頃に入手してから
ずっと使ってきたFG-150赤ラベルを、
一旦自宅用にして引退させようかなと思ってます。

img-170125-01.jpg


最近はアコギを使う機会が増えたので、
大分ハードに使ってたのですが、
ちょっと色々と不具合が出てたので。

といっても今のところ些細な不具合なので、
自分でも修理できるところではありますが、

img-170125-02.jpg

ペグの固定ネジが、
バカになって閉まらないとか。


img-170125-03.jpg

ピックガードが浮いてきたとか。

以前、大掛かりにメンテしたときに、
トップ板の浮きとネックの反りを、
ヒートプレスで緩和してもらってるのもあって、
致命的な不具合はないです。

ただ、色々と思い入れもあるギターですし、
出来るだけオリジナルパーツで
弾ける状態をキープしたいので、
あまり外に持ち出して
ガチャガチャ使うのもどうかと思っての決断。

「こんなギター使ってるんだぜ!」
っていうアイデンティティというか、
ステータスというか、そういう気持ちもあって、
まだまだ持ち出して行きたいのですが、
もうちょっと長生きしてもらわないといけないので。

高級ギターのような煌びやかさはありませんし、
一見、地味なルックスですが、
音を出すと良い意味でヤバイ音が出るという
ギャップも含めて大好きなギターです。

これの爆鳴り感は本当にたまらない。


そういう流れで、
秋ごろから新しい相棒を探してて、
縁あってやってきたのはこやつ。

img-170125-04.jpg

またしてもYAMAHAなんですが、
短命に終わった初代CPXシリーズの一本、
CPX-7です。

私もそろそろマーチンやらギブソンを
持っても良いお年頃ですが。
そんなに稼ぎは良くないのと、
一癖あるギターが好きなもので。

これのサウンドのお披露目はまたそのうち。
FGと比較すると流石に生音はあれですが、
ぶっちゃけルックスがかなり気に入ってます。

こっちも、ぼちぼち育てていきます。


この記事へのコメント
しまさんのアコギといえば、やはりこのギターというイメージ強いです。
そしてFシリーズというのもしまさんに教えて頂いた気もします。

今までお疲れ様でした。

私はシガールのアコギが欲しいでふ。
Posted by 太郎 at 2017年01月26日 02:00
>>太郎さん
持ち出しを引退させる話なので、
音源作るのには現役でいてもらうつもりです。(^^)
なんやかんやいっても、今の私の機材の持ち駒だと、
アコギの音はコレをコンデンサで録るのが、
一番良い音で録れますしね。

シガール良いですね!
木も良さそうですし、装飾もシンプルでスタイリッシュな印象です。
Posted by しま at 2017年01月26日 15:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446296491

この記事へのトラックバック